診療科のご案内

HOME診療科のご案内口腔インプラント科

口腔インプラント科

歯のなくなったところに人工歯根を利用し、咬み合わせを回復させる治療法です。
たとえば、健康保険治療の
『ブリッジでは、隣の歯を削ることが必要になる。
また、義歯ではどうも咬みにくいし、話しにくい。』
という悩みを持たれている方は、是非、来院して相談あるいは簡単な診査だけでも受けて下さい。

インプラントの構造

インプラントの構造

症例

症例

こういう患者様は気を付けてください

全身的疾患を持たれている方。糖尿病、高血圧、心疾患、肥満、骨粗鬆症、喫煙等は、問診、検査を行い、お断りする場合もあります。
口の中の問題点としては、残存歯のむし歯、歯周病、顎関節症、咬み合わせ異常などがある場合、十分診査し、治療した上でインプラント治療に取りかかります。

また、タバコを吸われる方、タバコは、インプラントに関わる手術の傷の治りを悪くし、インプラントと骨がくっつかなくしたり、咬み合わせを作った後でも、インプラントを支えている骨をだめにする原因となります。

治療の流れ

インプラント治療

全身的に問題がなく、口の中に残っている歯の治療も終了すれば、インプラント治療に取りかかります。

まず、根っこになる部分の埋入手術を行います。一般的には、局所麻酔(通院)で行いますが、手術によっては精神鎮静法(少しボーとした感じで知らないうちに手術が終わる感じ)、全身麻酔(全く意識がない状態、入院が必要)などを行います。この1回目の手術が終わってうまく傷が治れば、最終的に骨とくっつけるため3~6カ月、歯ぐきの下で、『そっ!』としておきます。

その後、2回目の手術で歯ぐきの上に頭を出し、咬み合わせを作っていきます。そのため、1回目の手術から咬めるようになるまで、早くて4カ月ぐらいはかかります。

最終的に咬めるようになればメインテナンス期間に入っていきます。このメインテナンスでは、インプラントの状態のチェックと併せて残っている歯のチェックも行います。10年、20年インプラントでしっかり咬んでいくためには、最も重要なものです。メインテナンスを怠ると早期にインプラントがだめになってしまいます。大学病院口腔インプラント科で行っているこのインプラント治療法は、今世界的に最も信頼されているものです。

費用

御自分の歯と同じにインプラントで歯を作っていく場合は、1本目が362,250円(税込み)で、2本目からは320,250円(税込み)です。この料金にはメインテナンス料金が含まれておりませんので、インプラントでちゃんと咬めるようになった時には必ずメインテナンス料金5年分52,500円(税込み)をお支払いいただき、しっかりとメインテナンスに通っていただくようになります。

また、総入れ歯の患者様に、インプラントを使って、もう少しお食事をおいしく食べたり、話しやすくしたりすることができます。これは下の料金表に書いてある、『磁性アタッチメントを利用した総義歯の安定のためのインプラント治療 料金表』です。磁石を使って入れ歯をはずれにくくし、少し小さな入れ歯にすることが可能なのです。

詳しいことは、口腔インプラント科の担当医にお聞きください。

インプラント治療にはブラッシングが重要

ブラッシング

インプラント治療にはブラッシング重要なのです。それは、残っている歯に歯周病があるとインプラントにも歯周病と同じ病気が現れ、インプラントをささえている骨がどんどん無くなってしまい、インプラントがグラグラして、だめになってしまいます。

朝日大学歯学部附属病院インプラント科では、インプラント治療を始める前に徹底的に歯ブラシの使い方、歯の汚れの落とし方を指導します。歯ブラシをいいかげんにしてしまうと、20~30年使えるインプラントが、5~10年でだめになってしまうことが多いのです。

しっかりと指導を受けて、インプラントも、残っている歯も長生きさせるよう頑張りましょう。

 
ページの先頭へ戻る

インプラント治療に関するQ&A

Q1
Q1-1:
インプラント治療とは、どんなものですか?
インプラント治療は、歯が無くなったところに人工的に歯を作るためのひとつの治療方法です。
インプラントという言葉は、日本語では『人工歯根』と訳されています。この日本語からわかるように、人工的な歯の根っこであり、この上に咬み合わせ部(歯冠、頭、上部構漬物などといわれるもの)を載せることになります。
Q1-2:
インプラント治療はブリッジにするのに比べて、どんな利点があるのですか?
ブリッジでは、歯のなくなったところの両隣の歯を削らないといけない(歯の神経の処置が必要になることもあります)のですが、インプラント治療では両隣の歯は基本的に処置しないで(虫歯があったり、歯周病があったり、咬み合わせの異常などがあれば、治療のために処置を行います)単独で1本の歯を作ることができます。
また、ブリッジは両隣に歯がなくてはブリッジを作ることができませんが、インプラント治療ではその必要性がありません。
Q1-3:
インプラント治療は部分入れ歯と比べて、どんな利点がありますか?
部分入れ歯だと違和感があり、話しにくい、食べにくい、歯ぐきがやせる、気持ちが沈みがちになる、入れ歯を押さえるバネが付いている、などの悩みがありますが、インプラント治療では、もとあった歯と同じような感覚で、話したり、食事をしたりできます。また、インプラントを骨の中に埋めてあることで歯ぐきもやせにくくなりますし、部分入れ歯に必要な、隣の歯に金属で作ったバネを掛けるという必要性がありません。
Q1-4:
インプラント治療にはどんな欠点があるのですか?
まず、手術を必要とします。そのため、すべての患者様に適応できるとは限りません。また、時間と費用がかかるということがあります。さらに、メインテナンスをしっかりとやらせていただかないと、長い間使っていただくことができない場合があります。
Q1-5:
インプラント治療は痛いのですか?
患者様が一番気にされるのは手術の時の痛みだと思いますが、歯を抜くときと同じ様に局所麻酔を十分に効かせてからやりますので、痛みはありません。しかし、怖いというような精神的な問題はあります。そのため、精神鎮静法とか全身麻酔をして手術をすることができます。手術の後、傷口が治るまでの痛みはあんまりありませんが、もしあったとしても痛み止めで治まります。
Q1-6:
インプラントで咬めるようになった後は痛くないのですか?
問題のない状態では痛みはありません。手入れが不十分で、普通の歯でいう歯周病のような病気になると、痛みが出たり、インプラントが動いたりします。

【関連する質問】Q12-1 Q12-2 Q12-3 Q12-4

Q1-7:
インプラント治療に危険性はないのですか?
いくつかの問題はあります。まず、使用している材料に対するアレルギーがあるとインプラント治療はできません。また、手術に際しても危険性を伴います。

【関連する質問】Q3-3 Q5-6

ページの先頭へ戻る
Q2
Q2-1:
インプラント治療はどんな人でも受けられるのですか?
全ての年齢の患者様に適応されます。外傷、歯周病、う蝕、その他の疾患によって一本でも歯が無くなった患者様、取り外しの入れ歯を使うことができない患者様のために、有効な治療です。但し、全身の健康状態(高血圧、心疾患、糖尿病、骨粗しょう症、貧血などの経験がない)が良く、残っている歯の治療を必要としない(特に歯周病がない状態)場合は、すぐにインプラント治療を始めることができます。
診察を受けていただければ、お話を伺い、ご相談し、ご希望に即したインプラント治療内容をご提示します。
Q2-2:
全身的に病気(高血圧、心疾患、糖尿病、骨粗しょう症、貧血など)があった場合は、インプラント治療ができないのですか?
前もって内科的な治療を受けていただき、検査結果が正常値であればインプラント治療は可能です。
Q2-3:
「喫煙はだめ!」とパンフレットには書いてありますが、どうしてですか?
喫煙によるニコチンの摂取が、手術の傷口が治らない、インプラントと骨がくっつかなくなるという原因を作ってしまうのです。これは、多くの研究により証明されました。そのため、インプラント治療のために禁煙をお願いしています。
Q2-4:
喫煙の悪影響は他にないのですか?
喫煙の悪影響は、歯周病の治療においても指摘されていますし、多くの研究により証明されました。これは、インプラント治療に置き換えると、インプラントで咬むようになった後、手入れが悪く普通の歯で言う歯槽膿満と同じような病状が起こった場合、喫煙されている患者様では、進行が早く治療を行ってもくい止めることが難しいのです。
Q2-5:
残っている歯の治療はどうするのですか?
お口の中はひとつの器ですので、残っている歯に歯周病、咬み合わせの異常、その他の歯肉(歯ぐき)、頬粘膜(ほっぺた)、舌(べろ)などに病気があればインプラントもその影響を受け早くだめになってしまいます。そのため、お口の中に異常がある場合はインプラント治療の前に治します。
ページの先頭へ戻る
Q3
Q3-1:
インプラント治療にはいくつかの違った方法があるのですか?
多くのインプラントシステムが市販されていますし、いくつかの治療方法があります。朝日大学附属病院では、世界的に最も信頼されている2回法の骨内インプラント治療法を行っております。
Q3-2:
骨の中に入っているインプラントは、どんな材料でできているのですか?
金属です。医療用金属材料として医科領域でも最も多く使われているもので、チタンといいます。
Q3-3:
チタンは安全な材料なのですか?
生体内に埋入する医療用材料で最も安全なものです。ただ、金属ですのでアレルギー反応を起こす患者様もお見えになります。但し、他の金属アレルギーの発症と比ベ1/10000~1/100000あるいは、もっと少ないといわれています。

【関連する質問】Q1-7

Q3-4:
インプラントとそれを支えている骨とはどのような状態にあるのですか?
インプラントは直接骨とくっついています。この状態を維持することがインプラントでは重要になります。10年前に使われていたインプラントの中には骨とくっつかないものがあり、このようなインプラントは健全な歯とブリッジのようにつないでいやる必要性がありました。今は、そのようなインプラントシステムは使われておりません。
Q3-5:
インプラントが骨と直接くっついているということは、普通の歯と違うようですが、何処がどう違うのですか?
普通の歯で言う歯根膜というものと、歯の神経(歯髄)がないため咬む力の度合いを感知したり、衝撃を受け止めたりできません。そのため直接、咬んだ力は骨に伝わります。ですので、咬み心地が普通の歯と違ったり、咬み過ぎたりすることがあります。
Q3-6:
インプラントの上に作る咬み合わせ(上部構造物)には、いくつかの種類があるのですか?
大きく分けると2つの方法があります。ひとつは、ご自分の歯と同じように1本1本歯を作る場合と、二つ目は、取り外しの入れ歯をインプラントの上にのせる場合です。
Q3-7:
1本1本、自分の歯と同じように咬み合わせを作った場合は、どのようになるのですか?
見た目にも普通の歯と同じです。お手入れも普通の歯と同じようにしていただきます。
Q3-8:
取り外しの入れ歯をインプラントの上にのせるということはどのようになるのですか?
まったく歯がなくなった人に行うものですが、2~4本のインプラントを骨の中に埋め、そのインプラントに磁石などのアタッチメントという特殊な装置を付け、入れ歯がくっつくようにするのです。そのため、入れ歯を小さくして、話し安くすることが可能です。

【関連項目】Q4-4

ページの先頭へ戻る
Q4
Q4-1:
普通の歯と同じように歯冠(咬み合わせ、頭、上部構造物などという)を作れるのですか?
はい。1本1本普通の歯と同じように歯を作ることが可能です。しかし、2本とか3本とか連続でインプラントを埋めたときは、インプラントの上部構造物は、連結します。それは、より強い力に立ち向かうことができるからです。
Q4-2:
その他のタイプの上部構造物で普通の歯に近いものはないのですか?
あります。それはボーンアンカーというものです。これは、歯がまったくなくなってしまった患者様で、奥のほうに骨の量が十分になく、奥にインプラントが埋入できない患者様で、どうしても普通の歯のようにインプラントで歯を作ってほしいという要望があった場合に選択されます。
Q4-3:
ボーンアンカーは1本1本インプラントで歯を作るのとどう違うのですか?
1本1本歯を作る場合は多くのインプラントを埋める必要性があるのと、インプラントを埋める場所に骨の量が不足していれば、そこに骨を作らないといけないという、費用の面と手術の面で患者様に大きな負担を掛けることになるのですが、ボーンアンカーではどんな患者様でもたいてい骨のある場所(前の部分)に6本のインプランとを埋め、ある程度奥まで咬み合わせを作るというもので、費用も安くなりますし、骨を作る必要性もないというものです。しかし欠点は、あんまり奥まで歯を作れないということと、入れ歯の様な歯ぐきのピンク色の部分が付いた上部構造物になるということです。
Q4-4:
まったく歯がなくなった場合の治療方法には、どんな物があるのですか?
総入れ歯を支えるためのインプラント治療があります。これは、2~4本のインプラントを使いアタッチメントという特殊な装置で入れ歯が外れにくくするものです。入れ歯も普通の総入れ歯よりも小さくでき、話しやすく食べやすいものになります。

【関連項目】Q3-8

ページの先頭へ戻る
Q5
Q5-1:
手術は痛いのですか?
歯を抜いたりするときと同じように局所麻酔を行います。手術をしている場所の痛みはありません。ただ、手術中、唇とか頬っぺたを引っ張ったりすることが苦痛になるかもしれません。
Q5-2:
手術時間はどれくらいですか?
一本埋める手術だと、局所麻酔をして、手術が始まりインプラントを埋め、傷口を縫って終わるまで20分程度です。しかし、三本だと40分ぐらいで、三本だからといって単純に一本の時間の3倍になるわけではありません。
Q5-3:
今まで歯を抜くだけでも怖くて大変だったのですが、手術を楽に受ける良い方法はありませんか?
静脈内鎮静法といって、静脈の中にお薬をいれ、半分寝たような状態で手術を受けることができます。但し、静脈内鎮静法は麻酔科の先生に担当していただくことになるので、手術日が月曜日だけになります。また、帰宅されるときは静脈から入れたお薬は完全に切れ、安全な状態を確認させていただきますが、どなたか付き添いの方あるいはタクシーでのご帰宅をお願しております。
Q5-4:
全身麻酔で手術をしていただけるのですか?
はい。全身麻酔を必要とする患者様には、全身麻酔下での手術を行います。但し、安全のため1泊の入院が必要になります。
Q5-5:
静脈内鎮静法とか全身麻酔の料金は手術料金に含まれているのですか?
いいえ。別料金になっております。静脈内鎮静法が1回70,000円+税=73,500円で、全身麻酔は保険点数の10倍+税=おおよそ70,000円~100,000円ですが、全身麻酔をかけている時間との関係もあります。また、入院費用も保険が適応されませんので、基本料金は1泊食事代込みでおおよそ20,000円(税込み)です。
Q5-6:
インプラントを埋める手術による障害、後遺症はないのですか?

下アゴの場合、アゴの骨の中に太い神経と血管の束があり、この神経は下唇の知覚を司っています。そのためインプラントを埋めるときにこの神経を傷つけると、下唇がしびれてしまいます。手術の前の検査でこの神経と血管の位置を詳しく調べますので、直接傷つけ唇のしびれが出る可能性は非常に低いです。朝日大学病院では、このようなシビレで問題になっている患者様はおられません。ただし、一時的な麻痺感が出ることはあります。これは、早ければ1週間で、長くても3カ月ほどで消失します。

上アゴの場合は、下アゴではインプラントを埋めるために骨を削りますが、下アゴに比べ上アゴは骨がやわらかいので、特殊な方法で骨にインプラントを埋める穴を作っていきます。そのとき、「コツコツ」とたたく場合があり、これによりしばらく「めまい」が生じることがあります。これには、手術当日できるだけ安静にしていただくことで早く消失させることができます。

【関連項目】Q1-7

ページの先頭へ戻る
Q6
Q6-1:
手術当日はどのように過ごせばいいのですか?
手術が終わり帰宅されたら、できるだけ安静にしておいて下さい。
  • リラックスした状態で腰掛けていただくか、横になっておいて下さい。
  • 傷口を安静に保つため会話はできるだけ少なくして下さい。
  • 食事はやわらくして、辛いもの、酸っぱいものを避け、咬まないでいい状態のものを十分な量取って下さい。
  • 内服のお薬(化膿止め)は規則正しく飲んで下さい。痛み止めは痛くなければ飲む必要はありません。
  • お風呂とアルコールは禁止です。
  • 傷口を触ったり、強くゆすいだりしないようにして下さい。
  • 頬っぺたを氷とか湿布とかで冷やさないようにしてください。
  • 上アゴの手術の湯合は、鼻を強くかまないようにして下さい。
その他、担当医の支持をしっかり守ってください。変わったこと、わからないことがあれば診療室に電話してお尋ね下さい。翌日の予約時間には来院して下さい。
Q6-2:
歯磨きはしても良いのですか?
傷口は糸で縫ってありますので、その糸を歯ブラシで引っかけると糸が取れ傷口が開くことがありますので、注意深く歯ブラシを当ててください。また、歯磨き粉は傷口を刺激して治りが悪くなりますので、使用しないでください。
Q6-3:
手術して最初の1週間はどのように過ごせばいいのですか?
傷口をできるだけ安静に保つよう努力して下さい。食事はやわらくして、辛いもの、酸っぱいものは避け、咬まないでいい状態のものを十分な量取って下さい。内服のお薬(化膿止め)は規則正しく飲んで下さい。痛み止めは痛くなければ飲む必要はありません。上アゴの場合は、鼻を強くかまないで下さい。手術の後2~3日点滴があります。手術後1週間目に傷口を縫ってある糸を取ります。その他、担当医の支持をしっかり守って下さい。変わったこと、わからないことがあれば診療室に電話してお尋ね下さい。
Q6-4:
手術の後の点滴はどんな薬が使われているのですか?
手術当日の点滴には、止血のためのお薬、化膿止め、腫れ止めの薬が使われます。手術翌日からの点滴には化膿止めと、腫れ止めの薬が使われます。
Q6-5:
点滴はどんな目的でするのですか?
手術日は出血を抑え、腫れを少なくして、バイ菌の進入による化膿(感染)を抑えることで、傷口を早く治すことが可能になります。これは、インプラントと骨がくっつくためには重要なポイントです。また、腫れが出ることで患者様の感じる痛みも少なくてすむのです。
Q6-6:
手術後3週間目までの注意事項はどのようなものがありますか?
インプラントを埋めて3週間はインプラントと骨がくっつくために非常に重要な時期です。この時期にいろいろ問題があると、2回目の手術(頭出し)のときにインプラントと骨がくっついてなく、除去しなければいけなくなります。やわらかい食事は手術後3週間目まで続けてください。取り外しの入れ歯は、手術後3週間は使えません。ゴルフなどの食いしばりのあるスポーツもこの時期(手術して3週目)まで控えて下さい。
ページの先頭へ戻る
Q7
Q7-1:
アゴの骨の問題は?
インプラントを埋入する部位に、十分な骨があるかどうかは重要なポイントです。もし、骨が十分無い場合は、骨を作る処置を行い、その後にインプラントを埋入することになります。そのための検査は手術前に行い、最終的な手術方法を決め、ご説明することになります。
Q7-2:
骨を作るという手術はどうするのですか?
大きく分けると2つの方法があります。ひとつは、骨を作る量が少なくていい場合で、特殊な膜を使い、骨を作りたいところにうまく骨を誘導するようにしていきます。もうひとつは骨を作る量が多い場合です。これには、自家骨移値を行う必要があります。患者様の骨を別の場所から取ってきて骨を作りたい場所に移植するのです。
Q7-3:
自家骨移植は大変な手術なのですか?
一般的には口の中でインプラントを埋入する場所から離れたところのアゴの骨を取ります。傷は口の中ですから外からは見えません。骨を取ったところには傷ができますので、しばらく押さえたりすると気になりますが、時間とともに気にならなくなります。
Q7-4:
骨を作る手術の後の注意事項は何がありますか?
インプラントを埋める手術の後の注意事項とまったく一緒です。

【関連項目】Q3-1 Q3-2 Q3-3 Q3-4 Q3-5

ページの先頭へ戻る
Q8
Q8-1:
インプラントを埋入してどれくらいで2回目の手術(頭出し)をするのですか?
上アゴでは6カ月後で下アゴでは3カ月後です。
Q8-2:
2回目の手術の後はどのように注意すれさばいいのですか?
インプラントを埋めるときほどの注意は必要ありません。しかし、お口の中に傷ができますので、手術当日は安静にしていただきお風呂とアルコールはやめ、刺激物(辛い、すっぱい)は食べないようにして下さい。やわらかい食事を取る必要性はありません。歯ブラシもしばらく手術部位だけはやめて下さい。歯磨き粉は手術の傷口を刺激しますので、使わないで下さい。

【関連項目】Q6-2

Q8-3:
2回目の手術後の来院はどれくらい必要ですか?
手術翌日だけ様子を見せに来ていただき、後は糸取り(手術後1週間目)に来院していただきます。
ページの先頭へ戻る
Q9
Q9-1:
インプラント治療は、日数がかかると聞きましたが?
処置期間は、患者様の状況により大きく左右されます。
  • インプラント治療を行う前の残っている歯の治療が無く、骨を作る処置も必要でない場合は、手術前の検査に1カ月、埋入手術を行い、2回目の手術(頭出し)まで上アゴの場合6カ月、下アゴで3カ月、その後、型を採り、頭(歯冠)を作るのに1カ月ですので、上アゴで8~9カ月、下アゴで5~6カ月ということになります。
  • 骨が無く、インプラントの埋入の前に骨を作ることになると、さらに6カ月間の時間が必要になります。
  • 残っている歯の治療、特に、歯周病の治療が必要な場合、その病状が重傷であれば6カ月とか1年かかる場合もあります。その他にも、咬み合わせの治療が必要であれば、それにも時間が必要になります。
ページの先頭へ戻る
Q10
Q10-1:
インプラントはどれくらいの期間もつのですか?
世界的な統計の結果15年で90%以上の機能率です。すなわち、15年たった時点で90%以上のインプラントがしっかりと咬めているということです。
Q10-2:
朝日大学歯学部附属病院での治療成績はどれくらいですか?
1999年12月に口腔インプラント科ができ、現在までの成績では4%のインプラントがだめになり除去しました。しかし、すべて再度インプラントを埋め直し、今は問題なく使っていただいております。
Q10-3:
インプラントがだめになるとどうなるのですか?
インプラントは周囲の骨にしっかりとくっついているのが正常な状態で、だめになって来ると痛みが出たり、インプラントが動いたりします。その時は、レントゲン的に診査し、インプラントの周りに骨がなくなってしまっていれば除去しなければいけなくなります。除去した後の傷口は普通の歯を抜いた後と同じで歯ぐきは2週間で、骨の傷は1ケ月程で治ります
Q10-4:
インプラントを除去した後はどうするのですか?
骨がしっかりしていれば、また、インプラント治療を行うことができますし、骨がない場合でも骨を増やす手術を受け入れていただければ、また、インプラントを埋めることが可能です。当然、取り外しの入れ歯にすることも可能です。
ページの先頭へ戻る
Q11
Q11-1:
1本インプラントで歯を作るといくらかかるのですか?
手術前の検査料金(骨粗しょう症の検査を含め全身の健康状態の検査、お口の中の状態、骨の状態、手術時に使う特殊な装置などを含む)、手術料金、咬み合わせ(頭、歯冠、上部構造物)を含めて1本目が345,000円+税=362,250円で、2本目からは305,000円+税=320,250円です。但し、この料金にはメインテナンス料が含まれていないので、インプラントでちゃんと咬めるようになった時点で、5年分のメインテナンス料金(本数に関係なく)50,000円+税=52,500円をお支払いいただくことになっています。
Q11-2:
病院によってインプラント治療費が違いますが、何か違いがあるのですか?
最も大きく影響しているのは使用しているインプラントシステムです。今現在、市販されているインプラントシステムは50種ほどあると思われます。朝日大学病院では世界的に多くの実績と長い歴史を持って、多くの信頼を得ているノーベルバイオケアー社のインプラントシステムを使用しています。このシステムの欠点は他のシステムよりも高価であるということです。しかし、その信頼度は、他のものに比べ物になりません。
Q11-3:
総入れ歯を支えるインプラント治療はどれくらいの費用でできますか?
上アゴあるいは下アゴのどちらか一方の費用は、検査料金、手術料金(2本のインプラントを骨の中に埋めます)、上に載せる総入れ歯を含めて460,000円+税=483,000円(レジン床)です。
ページの先頭へ戻る
Q12
Q12-1:
メインテナンスはなぜ必要なのですか?
インプラントはあくまで人工物ですので、普通の歯よりも注意深く清掃をすることが必要になります。汚れが付いたままおいておくとインプラントを支えている骨がなくなっていきます。すなわち、インプラント周囲での歯周病のような病気になるのです。痛みもなく徐々に進行し、インプラントが動き出してしまいます。こうなるとインプラントはだめになり、除去しないといけなくなります。
Q12-2:
インプラントでは咬む力が直接、骨に伝わるので注意が必要ですか?
そのため、メインテナンスでは当然咬み合わせも注意深く観察します。強く咬みすぎていると、インプラント周囲の骨がなくなる原因になります。

【関連する質問】Q1-6 Q1-7

Q12-3:
メインテナンスはどれくらいの間隔で通院するのですか?
インプラントに対する危険性が高い患者様(残っている歯に歯周病、咬み合わせの異常、インプラントの清掃状態に問題のある患者様)と低い患者様(残っている歯にもインプラントの清掃にも問題のない患者様)とで変わります。前者の場合は1カ月~2カ月おきに通院していただきます。後者の場合は3カ月とか6カ月おきになります。
Q12-4:
メインテナンス料金は5年分前払いですが、その後は通院の必要性がないのですか?
インプラント治療では、ちゃんと咬めるようになって1年以内が最も問題を起こしやすい時期です。そのため、最初の1年間は十分な注意が必要ですので、通院回数も多いのですが、問題がなければ、その後は1年に1回か2回の通院でいいのです。但し、やはり長くちゃんと咬んでいただくためには、5年以降も定期的に通院していただきたいと考えております。

歯科医師向け

【研修会】朝日大学歯学部口腔インプラント科では、1年間のコースレクチャーを毎年開催しています。

これは、明海大学・朝日大学生涯研修部主催の講習会です。

近隣で開業されている多くの先生方に参加していただき、インプラント学を学んでいただくことで、地域の歯科医療の向上を図りたいと考えています。

また、この講習会で認定書の授与を行いますが、この認定書のある先生方からのインプラント治療にかかわる外科的処置の依頼、および種々の検査をお引き受けすることも行っております。
2010年度は、実習を充実させ、術前の診査・診断から、外科処置、補綴処置、メインテナンスと年間10日間コースになりました。

■日時
2010年
5月23日 (土)10:00~
6月20日 (土)10:00~
7月18日(日)10:00~
7月19日(祝)10:00~
8月22日(日)10:00~
9月26日(日)10:00~
10月24日(日)10:00~
11月21日(日)10:00~
12月19日(日)10:00~

2011年
1月23日(日)10:00~

■会場 岐阜県瑞穂市 朝日大学

また、4日間の歯科インプラント治療導入コースも行っております。

■日時
2010年
9月5日(日)10:00~
9月12日(日)10:00~
10月17日(日)10:00~
10月31日(日)10:00~

■会場 愛知県名古屋市 朝日大学名古屋丸の内ビル内 研修センター

詳しくは、明海大学・朝日大学生涯研修部ホームページ http://www.m-a-univ-ce.com を御覧下さい。
受講申し込み等に関してはTEL:058-329-3260まで御連絡下さい。

ポスター

※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。
ページの先頭へ戻る