診療科のご案内

歯周病科

歯周病の原因となる歯垢・歯石などの除去だけではなく、歯周病の予防や失った歯周組織(歯を支えている骨など)の再生治療も積極的に行っています。

歯周病とは

歯周病とは歯の周りの組織に炎症が起こったり、慢性的な炎症によって歯を支えている骨がなくなっていく病気です。主に炎症を引き起こす原因はプラーク(歯垢)や歯石です。歯周病の治療はこのプラークや歯石の除去、付着の予防を目的とします。

正常 歯周病による骨の吸収
正常 歯周病による骨の吸収

歯周基本治療

歯周基本治療とは歯周病の進行程度に関係なく必ず行う治療でブラッシング指導、歯周組織検査、歯石除去などを行います。

ブラッシング指導

歯周病の原因は歯磨きの磨き残しである歯垢(プラーク)が関係しており、磨かずにほっておくと歯周病を進行させてしまいます。適正なブラッシング方法を身に付けてもらうために染め出し液を使用し、ブラッシングのチェックをします。また、誤ったブラッシング圧は歯肉や歯を削ってしまう恐れがありますので適度なブラッシング圧のチェックやアドバイスも行います。

歯周組織検査

歯周組織検査とは歯周組織の状態を把握する検査で、歯周病の進行程度を把握するためにポケット測定(歯と歯肉の溝の深さ、出血)や歯の動揺度(歯を支える骨の状態)を調べます。

歯石除去

歯石除去は歯周病治療では欠かせない治療です。歯石を除去することで歯肉の腫れ、出血は改善されます。最初は見えている歯石(歯肉よりも上)を除去し、次に見えない歯石(歯肉の下)を除去していきます。見えない歯石の除去は困難な場合が多く、専門科でも完全に歯石を除去することは難しいと言われています。取りきれない場合は歯周外科手術を行います。

歯周外科治療

進行した歯周病はプラークコントロール、歯石除去などの歯周基本治療だけでは治らないことが多く、 歯肉剥離掻爬術(フラップ手術)などの歯周外科手術を行って歯周病の治癒を目指します。歯周外科手術は麻酔後、歯肉を切開・剥離しますので直視下で歯石を確認し除去できます。入院も不要です。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法には様々な方法がありますが、その中でも歯肉を切開し歯石を除去した後、再生させたい部位(骨の欠損)に薬を塗布する方法があります。一般的な歯周外科手術では、術後に歯肉の退縮がみられますが、再生療法では退縮が比較的少ないので審美的にも優れた方法です。

手術前 術後2年 手術前 術後2年
手術前 術後2年 手術前 術後2年

歯周病の予防

歯周病の治療が終了しても安心はできません。ブラッシングやメインテナンスを怠るとすぐに歯周病が再発してしまいます。再発を防ぐにも定期的な歯石除去、歯面研磨は必要です。

糖尿病や薬物が関与する歯周病の治療

全身疾患と歯周病との関連は深く、糖尿病にかかると歯周病にもなりやすくなります。また、降圧剤、免疫抑制剤、あるいは抗けいれん薬を服用している人では歯肉が肥厚する病気(歯肉増殖症)が発症することがあります。これらに対する治療と医科と連携しながら治療を行なっています。

歯肉の審美的治療

さまざまな原因により歯肉が増殖あるいは退縮し、歯と歯肉のバランスが悪くなった場合には、審美性を回復させる歯周外科手術があります。歯肉の増殖には歯肉切除術を行い、歯肉退縮には、根面被覆術を行います。この方法は審美的に回復させるだけでなく、象牙質知覚過敏症にも効果があります。

治療前 治療後
治療前 治療後

ポスター

※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

講座のホームページ

ページの先頭へ戻る