診療科のご案内

総合歯科


診療科紹介

総合歯科は、一般的な歯科治療を総合的に能率よく行う診療科です。総合歯科は、保存科(むし歯や根管の治療)、歯周病科(歯槽膿漏)、補綴科(入れ歯やかぶせ物)、口腔外科(抜歯や腫瘍)、口腔インプラント科(人工歯根)、さらには小児歯科、矯正歯科、障害者歯科などの専門性をもった各診療科と連携し治療を行っています。総合歯科にも保存治療専門医や補綴治療専門医の資格を持つ歯科医師がむし歯、根管の治療などを行い、治療後のかぶせ物や義歯を装着するなど最適な治療を行っていきます。ご希望により歯石除去や歯磨き指導等の予防的処置を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

診療の流れ

総合歯科を受診される患者さんは、病院窓口で新患の手続きを終えられてから、口腔診断科で簡単に、受診の動機や全身的な状態などを問診票によりお尋ねいたします。次に、当日の初診医がお口の中の状態、全身の健康状態などの診察を行い、必要あればレントゲン撮影を行って診査いたします。その後、得られたさまざまな情報をもとに診断し、治療の流れを患者さんに説明いたします。そして患者さんにとって最も効率のよい治療法を選択し、総合歯科を受診していただくことになります。当日の処置が必要である場合は、すみやかに処置をいたします。また専門治療が必要である場合、保存科、歯周病科、補綴科、口腔外科、口腔インプラント科、小児歯科、矯正歯科、障害者歯科などと相談のうえ専門科へご案内いたします。

ページの先頭へ戻る