センター紹介 センター長挨拶・理念・方針

HOMEセンター紹介

センター長挨拶

センター長 永原國央

 このたび、国が進める地域包括ケアシステムの構築・進展により変革が進む地域の医療環境の変化に対応することに加え、医科歯科連携をはじめとする多職種連携を推進するため、朝日大学の3医療機関におけるそれぞれの機能の分担を行い、病棟機能を岐阜市内の旧朝日大学歯学部附属村上記念病院に集約させていただきました。それにより、穂積キャンパス内に立地する旧朝日大学歯学部附属病院においては3月末をもって病棟閉鎖することとし、その診療体制の一部を変更いたしました。それにより、4月1日から大学キャンパス内にある旧朝日大学歯学部附属病院を医科歯科医療センターと変更することになりました。この変更により、医科歯科医療センターには入院設備はなくなりましたが、外来での診療体制はこれまでどおり行って参ります。
 地域の皆様には、事前の十分な説明ができなかったことに対して、この場をお借りして深くお詫び申し上げます。
 しかし、医科歯科医療センターにおける外来診療におきましては、これまでどおり、地域の皆様から信頼される歯料医療を提供することを最優先として日々努力していく所存でございます。これまでどおり、安心してご通院されますようお願い申し上げます。
 また、地域の歯科医院の先生方におかれましては、ご紹介をいただいておりました患者様に関しては、これまでどおりに治療を進めていくと同時に、これからご紹介いただく場合でも、症例によっては入院が必要な場合が発生しますが、医科歯科医療センターの担当医が朝日大学病院(旧朝日大学歯学部附属村上記念病院)と連携を取り治療に当たって参りますので、ご安心いただき、これまでどおりご紹介いただければと思います。
 これからも、朝日大学附属の一医療機関としてスタッフ一同努力して参りますので、よろしくお願いします。

理念

朝日大学医科歯科医療センターは、口腔に関する歯科医学を中心として、医科との連携による、信頼性の高い良質な医療と充実した予防医学を実践する地域の中核医療機関として、住民の全人的な健康の増進に貢献します。

方針

  • 1.患者様の人格・権利を尊重し、科学的・合理的医療を実践する。
  • 2.専門性を追求し、医療の質の向上に努める。
  • 3.医療記録を適正に管理し、守秘義務を遵守する。
  • 4.医療に関わるあらゆる安全管理を徹底する。
  • 5.地域社会、地域医療機関との連携を推進する。
ページの先頭へ戻る