センター紹介 センター長挨拶・理念・方針

HOMEセンター紹介

センター長挨拶

センター長  藤原 周

皆様には、日頃より朝日大学医科歯科医療センターをご支援いただき、心より御礼申し上げます。

さて、朝日大学の3医療機関は、医科歯科連携をはじめとする多職種連携を推進するため、それぞれの機能の分担を行い、病棟機能を岐阜市内の旧朝日大学歯学部附属村上記念病院(朝日大学病院)に集約いたしました。穂積キャンパス内に立地する旧朝日大学歯学部附属病院においては病棟閉鎖し、その診療体制の一部を変更し、2018年4月1日から朝日大学医科歯科医療センターへと変更いたしました。朝日大学の3医療機関は、地域の中核病院として質の高い医療を提供する『朝日大学病院』、口腔に関する歯科医学を中心として信頼性の高い歯科医療を提供する『朝日大学医科歯科医療センター』及び総合的な歯科医療を提供する『朝日大学PDI岐阜歯科診療所』となりました。朝日大学の3医療機関が連携することにより、様々なニーズ、高度なニーズそしてあらゆるライフステージの患者さんに対して、安心、安全、最良の医療を提供できるように努力を重ねてまいります。

医科歯科医療センターは、外来診療において口腔診断科放射線科、歯科口腔外科、歯科麻酔科、保存科、歯周病科、歯科補綴科、小児歯科、矯正歯科、口腔インプラント科、障がい者歯科、総合歯科、内科、整形外科及び包括支援歯科医療部を有し総合的、かつ、専門性をもって歯科医療を提供できるように取り組んでいます。超高齢社会に対応すべく包括支援歯科医療部は、地域連携と摂食嚥下障害やその予防並びに訪問歯科診療を行うべく設立されました。

また、医科歯科医療センターは、医育機関として本学に学ぶ歯学部学生、歯科衛生士専門学校生徒、研修歯科医及び歯科医師の生涯学習の場としての機能を持っています。高度な医療と生涯にわたって患者さんに寄り添える心のある歯科医師の育成に努力してまいります。

地域の歯科医院の先生方におかれましては、ご紹介いただいた患者さんは、症例によっては入院が必要な場合も発生しますが、医科歯科医療センターの担当医が朝日大学病院(旧朝日大学歯学部附属村上記念病院)と連携を取り治療に当たって参りますので、ご安心いただき、これまでどおりご紹介いただければと思います。

これからも、朝日大学附属の一医療機関としてスタッフ一同努力して参りますので、よろしくお願いします。

理念

朝日大学医科歯科医療センターは、口腔に関する歯科医学を中心として、医科との連携による、信頼性の高い良質な医療と充実した予防医学を実践する地域の中核医療機関として、住民の全人的な健康の増進に貢献します。

方針

  • 1.患者様の人格・権利を尊重し、科学的・合理的医療を実践する。
  • 2.専門性を追求し、医療の質の向上に努める。
  • 3.医療記録を適正に管理し、守秘義務を遵守する。
  • 4.医療に関わるあらゆる安全管理を徹底する。
  • 5.地域社会、地域医療機関との連携を推進する。
ページの先頭へ戻る