HOMEAsahi Now!2017年

保健医療学部健康スポーツ科学科開設記念式典・祝賀会を開催しました !

2017年03月27日

 2017年3月25日(土)に、本大学6号館(学生ホール・講義室等)において、2017年4月に開設する保健医療学部健康スポーツ科学科の開設記念式典・祝賀会を開催しました。式典等には、教育行政関係、大学、高等学校、関連企業、政財界等から多数のご来賓を迎え、また大学関係者を合わせて200名超が出席し、2014年4月の同学部看護学科開設に続く新学科の誕生をお祝いしました。

○記念式典

 記念式典では、大友克之学長が挨拶し、近年の医療分野における教育研究や体育会活動の取組みの紹介とともに、健康スポーツ科学科開設の経緯を説明し、健康科学やスポーツ科学に関する専門知識、高度なスポーツ実践能力や指導技術を身につけた人間性豊かな人材を養成を推進すると決意を表明しました。
 続いて、2017年4月に健康スポーツ科学科学科長に就任予定の竹島伸生氏から、同学科の紹介があった後、健康スポーツ科学科開設を記念して、テープカットを行いました。

○記念講演

 記念式典に続いて、経営学部及び健康スポーツ科学科設置準備室、体育会会長の山本英弘教授による記念講演「ちょきん(貯筋)のすすめ -寝たきり老人にならないために-」が行われました。記念講演では、スピードスケートショートトラックで冬季オリンピック3大会に出場され、現在はタレント、スポーツキャスターの勅使川原郁恵氏の協力により、貯筋のために気軽にできるストレッチなどの紹介がありました。

○記念祝賀会

 祝賀会では、宮田淳理事長が挨拶し、本法人の沿革・歩みの紹介の後、健康スポーツ科学科を開設するにあたり、保健体育の教員やスポーツ指導者を目指す学生たちに、持続可能な健康社会を構築するために必要な知識や実践力を養い、これらを身に付けた学生を社会に輩出することで、地域の魅力づくりに貢献していくと決意を表明しました。
 祝宴は、株式会社紀伊國屋書店代表取締役の高井昌史氏の乾杯の発声によって始まり、元全日本女子バレーボールチーム監督の眞鍋政義氏(同学科客員教授就任予定)、タレントで体操インストラクターでもあり、愛称「ひろみちお兄さん」で有名な佐藤弘道氏(同学科客員教授就任予定)、またリオ五輪200m女子平泳ぎで金メダルを獲得された金藤理絵氏(ぎふ瑞穂スポーツガーデン所属)のビデオレターの紹介、さらに記念講演に続き勅使川原郁恵氏らの協力を得て、式典出席者全員で「ミナモ体操」を行うなど、終始なごやかな雰囲気で進み、幕を閉じました。
 祝賀会後には、健康スポーツ科学科で使用する最新の実習機器を備えた健康スポーツ科学科棟をはじめとする関連施設・設備の披露見学会も行いました。