HOMEAsahi Now!2017年

第6回法教育コンクール表彰式を開催しました!

2017年03月18日

 2017年3月18日(土)本大学512講義室において、岐阜法教育推進プロジェクト事業の一環として開催した第6回法教育作文コンクール(朝日大学と岐阜法教育研究会の主催)の優秀作品に対する表彰式が執り行われました。
 小学生・中学生・高校生を対象とする法教育作文コンクールは、応募作品167件の中から選ばれた8名に対して、岐阜県弁護士会はじめご後援いただきましたテレビ局及び新聞社の各プレゼンターからそれぞれ次のとおり賞が贈られました。
 
〈第6回法教育作文コンクール受賞者〉
  岐阜県教育委員会賞 :伊藤瑠菜(岐阜県立海津明誠高等学校3年)
  岐阜県弁護士会長賞 :三輪陽都(岐阜大学教育学部附属中学校3年)
  NHK岐阜放送局長賞:渡邊慎一郎(岐阜市立華陽小学校1年)
  岐阜新聞・岐阜放送賞:渡邉円香(岐阜県立海津明誠高等学校3年)
  朝日新聞社賞    :野口夏佳(池田町立池田中学校1年)
  中日新聞社賞    :金子和佳奈(岐阜市立本荘小学校2年)
  毎日新聞社賞    :寺倉華江(岐阜県立海津明誠高等学校3年)
  読売新聞社賞    :酒向遥菜(岐阜県立東濃実業高等学校3年)
  (新聞社は50音順)

 表彰式では、入賞者へ賞状と副賞が授与された後、最優秀作品として選ばれた伊藤瑠菜さんの作品『新しいルール』と三輪陽都さんの作品『最期を決める自由』が朗読されました。講評おいては、作品には「ルール」や「法」に対する思いや体験がそれぞれに綴られており、児童生徒が学校や日常生活の中で「法」について考えたり、「法」の必要性や重要性について考察を深め、意見を主張したりすることで社会参加に必要な知識、技能、価値観を考える機会とすることができたと評された。