HOMEAsahi Now!2017年

第1回高大連携・接続によるアクティブ・ラーニング研究会を開催!!

2017年08月24日

 朝日大学教職課程センターでは、今般の教育職員免許法等の改正に伴う学習指導要領の改訂に対応し、高大接続の取組みとして、現職教師としての岐阜県内の高等学校教員と教員養成課程を有する大学の教職課程教員との合同によるアクティブラーニング研究会を立ち上げることとなり、2017年8月23日(水)に朝日大学6号館4階6407講義室において朝日大学教職課程センター豊田ひさき教授を座長に第1回高大連携・接続によるアクティブ・ラーニング研究会を開催した。
 当該研究会は、小・中・高等学校及び大学などそれぞれの教育場面に応じたアクティブ・ラーニングを研究・実践、また、高校と大学との双方の授業改善により 展開されるアクティブ・ラーニングに関する情報・知識を双方の立場の共有を、高大連携および高大接続の観点から研究取組を行うことを目的とし、今回は、朝日大学教職課程センター足立淳准教授が「アクティブ・ラーニングの事例授業の鑑賞と検討」のテーマで話題提供を行い、グループ討議を行った。
 本日の参加者は、中・高等学校教員及び大学教授等29名の参加があり、次回は、来年1月に開催の予定である。