HOMEAsahi Now!2017年

「男女共同参画学」特別講演会を開催!!

2017年09月27日

 2017年9月27日(水)第Ⅳ時限に6201講義室において法学部・経営学部特殊講義「男女共同参画学」の講義として特別講演会を開催した。

 この講義は、地元瑞穂市と男女共同参画・女性の活躍推進に関する連携事業を推進するために「瑞穂市と朝日大学との男女共同参画・女性の活躍推進事業の連携に関する覚書」を締結したことを受け、我が国が進める「男女共同参画社会」を推進するための教育を実施することを企図し、2017年度後学期から開講するものであり、全15回の講義の中でまず第1回目の講義として内閣府審議官 幸田 徳之 氏に講演いただいた。

 また、今回は、本件授業科目履修者に加え、法学部・経営学部の必修科目である「キャリア形成」の履修者及びFD研修会の一環として教職員も参加したほか、官学連携活動事業の一環として各自治体の男女共同参画社会推進担当者へも参加を募った結果、学生、教職員、県・市町の担当者など約400名が出席した。

 幸田審議官からは、最初に内閣府の組織及び業務内容について紹介され、男女共同参画社会の推進は我が国の重要政策の一つとされており、閣議決定された第4次男女共同参画基本計画に基づき、政府は社会のあらゆる分野において、2020年までに指導的地位に占める女性の割合を増やす等の目標を掲げ、様々な政策に取組んでいること等について説明されたほか、なぜ女性の活躍が必要なのか、世界の各国と比較した日本の現状、働く女性を増やすため待機児童を減らす等の子育て対策に関する議論を継続していることなどについて講義され、これからの社会を担っていく学生や日頃、各自治体において業務として取組んでいる職員は、時折メモを取りながら熱心に受講していた。

 なお、講演会終了後、幸田審議官と各自治体職員との意見交換の機会も大学から提供した。