HOMEAsahi Now!2017年

マーケティング研究所が第12回『ヒットメーカーに学ぶ!商品開発塾』を開催!!

2017年12月05日

 本大学マーケティング研究所は、岐阜県商業教育研究会との共同主催で「第12回ヒットメーカーに学ぶ!商品開発塾」を開催し、岐阜県を中心に愛知県、静岡県の商業教育を担う高校教諭、セイノーホールディングス関係企業の方々、地元の瑞穂市商工会関係の方々、本学経営学部の教職員および学生ら約120名が出席した。
 弊所所長・中畑千弘経営学部教授と、岐阜県商業教育研究会会長・山田雄治先生(関市立関商工高等学校 校長)からの開催挨拶の後、ヤマサ醤油株式会社 マーケティング部 部長 藤村功(フジムライサオ)氏が登壇。1時間半に渡って「商品開発・イノベーション」について熱心に耳を傾けた。
 藤村氏は、
 ・マーケティングとは世の中の役に立つことを考えて実行すること
 ・問題の解決だけではなく発見する能力が大切であること
 ・少しずつ起こっている変化の先を読んで戦略を考えること
などの内容について、具体的に成果を挙げた事例を紹介しながら説明した。
同研究所では「商品開発塾」を年2回のペースで定期的に開催している。
(次回は2018年2月頃に開催予定)
今回の講演の概要は以下のとおり。

 ■開催日時:2017年11月29日(水) 13:10~14:40
 ■開催場所:本学5号館512講義室
 ■講  師:ヤマサ醤油株式会社 マーケティング部
       部長 藤村 功 氏
 ■テーマ:『鮮度の一滴』に関するマーケティング的考察