HOMEAsahi Now!2018年

アラバマ大学バーミングハム校(UAB)短期研修学生を受入れ!

2018年04月07日

 アラバマ大学バーミングハム校(UAB)から教員2名と学生10名が来学し、短期研修学生として2018年3月30日から4月6日まで受け入れた。

 来学した学生達は、本学歯学部新6年生5名が、昨夏、同大学を訪問・研修を行った際のホスト達で、日本での久々の再会を喜びあった。

 一行は3月30日の昼過ぎに中部国際空港へ到着。翌日には本学を訪問し、学内研修を実施した。永原 國央 医療センター長の案内により本学医科歯科医療センター内各科の診療現場を視察した一行は、その後シミュレーション実習室に移動し、人間型ロボットシムロイドの操作を体験した。

 6号館食堂にて開催された昼食歓迎会には、宮田理事長、大友学長はじめ歯学部関係教員や、今夏にUABでの短期研修に参加予定の歯学部新5年生も参集し、この度の研修の修了証授与及び記念品の贈呈式が併せて挙行された。

 会の中盤には、プレゼン発表会としてUABの教員・学生による教育制度・学校生活の紹介、一人ひとりの自己紹介が行われた。続けて、今回ホストをつとめている歯学部新6年生5名も発表を行い、昨夏のUABでの研修の思い出や研修施設を見学しての所感等を英語で堂々とプレゼンし、最後にアラバマ大学一行への感謝の意を述べると会場は暖かな空気に包み込まれた。

 一行は京都での研修及び入学式(4月2日)に参列後、東京へ移動。本学の姉妹校である明海大学での研修を終えたのち、6日に成田空港から帰国の途についた。

 UAB一行が来日した時期は、ちょうど本学構内でも桜が満開となり、来日した教員・学生たちは咲き誇る鮮やかな桜景色を堪能し、美しい日本の春に感激した様子だった。

 同大学との交流は、1999年から今年度で19回を数えるまでとなり、今後も両大学の友好・交流の一層の発展を望むものである。

6号館食堂で開催された昼食歓迎会にて

本学医科歯科医療センターにて診療現場を視察

シミュレーション実習にてシムロイドの操作を体験するアラバマ大学の学生

プレゼン発表をするアラバマ大学の学生

満開の桜をバックに(本学構内にて)