HOMEAsahi Now!2018年

『第34回高等学校英語弁論大会』及び『岐阜県英語教育研究セミナー』の開催について

2018年10月02日

第34回 高等学校英語弁論大会

 朝日大学の理念「国際未来社会を切り開く社会性と創造性、人類普遍の人間的知性に富む人間の育成」のもと、『第34回高等学校英語弁論大会』及び『岐阜県英語教育研究セミナー』を開催します。














 
         (画像をクリックすると拡大します。)

日  時 2018年11月18日(日) 9:30~16:00
  9:30~12:30 第34回高等学校英語弁論大会(開会式、発表)
 12:30~13:30 交流会
 13:30~15:30 岐阜県英語教育研究セミナー(講師:北川達夫氏)
         「これからの時代の英語教育を考える~21世紀を生き抜く力とは何か~」
 15:30~16:00 高等学校英語弁論大会(表彰式)
会  場 朝日大学 穂積キャンパス(岐阜県瑞穂市穂積1851)
応募資格 日本国内の高等学校に在籍している生徒(ただし、英語を第一言語としない者)
論  題 次の項目からテーマ設定してください。
①国際社会 ②政治・経済 ③医療・看護・介護 ④健康・スポーツ ⑤その他
(発表時間 5分以内厳守)
審査基準 Content(10点)Use of Language&Delivery(10点)Other Merits(5点) 合計25点
応募原稿 「Word」または「一太郎」を使用し、次の要領で英文原稿を作成。
①用紙はA4縦、表紙1枚、英文原稿2枚以内。
②表紙は任意書式で、論題のテーマ番号(①~⑤)・論題・学校名・学年・氏名・性別の
 それぞれを英語と日本語で併記し、郵便番号、住所、電話番号を明記の上、
 日本語で400字程度の要約をつけること。
③英文原稿は、フォントはCentury、1ページ 38行、10.5ポイントで半角90文字、
 マージン上下左右各20mmとする。

他の大会に応募した原稿も可とする。
(ただし都道府県レベル以上の大会で優勝したものを除く。)
応募方法 応募原稿をE-mailまたは郵送で下記あてお送りください。
 〒501-0296  岐阜県瑞穂市穂積1851
 朝日大学学事二課内
 高等学校英語弁論大会実行委員会事務局(担当:河合)
 TEL :(058)329-1077
 FAX :(058)329-1253
 E-mail : gakuji2@alice.asahi-u.ac.jp
 *E-mailによる応募には、返信メールをしております。
  返信がない場合は必ず電話でお問い合わせください。

※ご不明な点等はお問い合わせください。
応募締切 2018年10月9日(火)必着
発表者の
選考
応募原稿に基づき大会発表者を選出します。
結果は2018年10月末頃を目途に応募者全員に通知します。
発表者には、規定に基づき大会会場までの往復交通費を支給します。
審査委員 寺本政司(中日新聞社 編集局次長)
高橋弘行(NHK元解説委員・NHK国際放送局ニューズライン編責)
小椋博文(岐阜県高等学校教育研究会英語部会長)
寺島美紀子(朝日大学教授)
Ali Haider(朝日大学准教授)
山田昇司 (朝日大学准教授)
Mario Nonkovikj(朝日大学ELS統括コーディネーター・朝日大学客員准教授) 
                         (敬称略)
表彰等 最優秀賞・NHK岐阜放送局長賞・中日新聞社賞(副賞:図書カード5万円)・・・1名
優秀賞(副賞:図書カード3万円) ・・・1名
奨励賞(副賞:図書カード2万円) ・・・1名
中日賞(副賞:図書カード1万円) ・・・1名
岐阜県教育委員会賞(副賞:図書カード1万円)・・・1名
瑞穂市長賞 (副賞:図書カード1万円)・・・1名
岐阜市長賞 (副賞:図書カード1万円)・・・1名

※参加賞(図書カード3千円)・・・発表者(受賞者は除く。)
 応募記念(記念品)・・・ 応募者(発表者は除く。)
主 催 主 催:朝日大学
後 援:岐阜県教育委員会、瑞穂市、岐阜市、中日新聞社、NHK岐阜放送局、
    沖縄県教育委員会
協 力:在名古屋米国領事館
応募者は、審査の上、2019年度法学部・経営学部AO入試(社会・文化活動)の出願条件に該当する者
として認定します。

岐阜県英語教育研究セミナー

朝日大学及び岐阜県下の教育機関が連携を図り、互いの英語教育技術の向上及び英語教育の継続性を保持すること、また、個々のスキルアップを図り、交流を深めることを目的とし、下記のとおりセミナーを開催します。

                              実施要項・参加申申込書 PDFファイル

日 時 2018年11月18日(日) 13:30~15:30(受付は13:00~)
会 場 朝日大学5号館 (岐阜県瑞穂市穂積1851)
内 容 「これからの時代の英語教育を考える ~21世紀を生き抜く力とは何か~」
 どのような力をどのように身に付ければよいのか。
 国際実務の現場を見すえつつ、各国の英語教育と比較しながら考察します。

講師:北川 達夫 氏
星槎大学共生科学部客員教授
1966年東京都生まれ。外務省経済局、欧亜局、在フィンランド日本国大使館在勤、
在エストニア日本国大使館兼勤ののち退官。ヘルシンキ大学日本学講座非常勤講師、
OECD・PISA読解力調査専門委員、公益財団法人文字・活字文化推進機構調査研究委員、
東京芸術文化評議会専門委員、横浜国立大学大学院理工学府非常勤講師、
日本教育大学院大学学校教育研究科客員教授などを経て、2017年度より現職。
教材作家として、日本やフィンランドのアセスメント・教科書・教材制作に携わる。
主 催 主 催:朝日大学
後 援:岐阜県教育委員会、瑞穂市、岐阜市、中日新聞社、NHK岐阜放送局、
    沖縄県教育委員会
協 力:在名古屋米国領事館
その他 (1)9時30分からは第34回高等学校英語弁論大会が開催されます。
  是非ご参観ください。
(2)駐車スペースがあまりございません。
  穂積駅からスクールバス(無料)を運行いたしますので、ご利用ください。

申込書 PDFファイル PDFファイル(ダウンロード後、印刷してお使いください) に必要事項をご記入の上、
下記までFAX・郵送・E-mailでお送りください。
      
  朝日大学 学事二課
  〒501-0296 岐阜県瑞穂市穂積1851 
  E-Mail gakuji2@alice.asahi-u.ac.jp
  Tel 058-329-1079 / Fax 058-329-1253
  (受付時間:平日9時から17時・土曜日 9時から13時)
 
<お申し込み者様の個人情報について>
  ご記入いただいた情報は、当該事業の運営以外の目的には利用しません。
  お知らせいただいた情報を適切に管理し、お申し込み者様の承認なく提供や利用することはありません。