HOMEAsahi Now!2018年

経営学部13名がセイノーホールディングス株式会社グループ企業7社でのインターンシップ成果報告会を開催!!

2018年09月14日

 2018年9月13日、西濃運輸研修センター(岐阜県不破郡垂井町)において、本学経営学部学生によるインターンシップの成果報告会が行われました。
 朝日大学では、セイノーホールディングス株式会社と地域社会の発展と人材育成に寄与することを目指し、地域産業と大学教育の分野において連携協力していくための「産学連携協定」を2013年2月に締結しています。その一環として、セイノーホールディングス株式会社のグループ企業7社(西濃運輸株式会社、株式会社セイノー商事、株式会社セイノー情報サービス、ココネット株式会社、岐阜日野自動車株式会社、沖縄西濃運輸株式会社、スイトトラベル株式会社)において、インターンシップ(産業実習:就業体験)を希望した経営学部学生13名を派遣し、各企業においてインターンシップを行いました。
 インターンシップを体験した学生13名が関係者約50名の前で、各企業で実際の就業体験を通じて取得した知識や取り組み課題に対する成果を発表しました。今年度のインターンシップにはタイ、ミャンマーからの留学生2名が含まれています。
 報告したインターンシップに参加した学生からは、「どんな仕事でも大切な役割があり、仕事が重なり大きな仕事を成すということを学んだ」「売られているモノや周りの販売環境など問題点や改善点を見つけ、自分の言葉にする能力を上げられた」「高齢者への配送は感謝されることが多く、やりがいを感じた」「災害に対して現地の状況をいち早く確認し、お客様へ説明する対応は物流の大切さをより実感した」などの問題発見に基づいた実施報告がなされ、活発な質疑応答が行われました。
 産業実習を通じて、物流の現場や職場を直接体験することで課題を持って取り組んだ参加学生にとって学びに磨きをかける実践の場となりました。また、受入に際して様々に工夫頂いた受入企業関係者様の多大なご協力を通じて、就職活動前に経営の実践に触れる貴重な機会となりました。