HOMEAsahi Now!2018年

第34回高等学校英語弁論大会と岐阜県英語教育研究セミナーを開催しました!

2018年11月20日

 11月18日(日)、第34回高等学校英語弁論大会を本大学5号館512講義室で開催しました。
 本大会には過去最高となる全国46校から94名の高校生から応募があり、書類審査を通過した26名がスピーチを行いました。スピーチでは様々な論題で自分の考えを身振り手振りを交えて発表していました。
 なお、当日は学外から岐阜県高等学校教育研究会英語部会長で岐阜県立本巣松陽高等学校校長の小椋博文様、元NHK解説員の岡部徹高橋弘行様、中日新聞社編集局次長の寺本政司様に審査員をお務めいただいたほか、本大学が官学連携協定を締結している瑞穂市副市長の早瀬俊一様、岐阜市教育委員会学校指導課副主査の平野裕様にもプレゼンターとしてお越しいただきました。
 また、同日開催の岐阜県英語教育研究セミナーでは、星槎大学共生科学部客員教授の北川達夫氏から「これからの時代の英語教育を考える~21世紀を生き抜く力とは何か~」と題してご講演をいただき、参加者は熱心に耳を傾けていました。

英語弁論大会入賞者は次のとおりです。

入 賞 受 賞 者 名 高 等 学 校 名 学年 県名
最優秀賞 谷川 優 岐阜県立岐阜高等学校 2 岐阜
優 秀 賞 パスクア・アイカ 岐阜県立土岐紅陵高等学校 3 岐阜
奨 励 賞 奥村 芽里依 岐阜県立大垣北高等学校 2 岐阜
岐阜県教育委員会賞 山根 鈴未 沖縄県立那覇国際高等学校 1 沖縄
瑞穂市長賞 平川 彩舞鈴 岐阜県立吉城高等学校 2 岐阜
岐阜市長賞 杉本 苑華 静岡県立浜松北高等学校 1 静岡
中 日 賞 北村 菜々子 愛知県立旭丘高等学校 2 愛知

入賞者のみなさま、おめでとうございます。
また、惜しくも賞を逃した参加者の皆様、ご応募下さった皆様も、また来年お待ちしています。