HOMEAsahi Now!2019年

空軍軍医大学口腔医学院短期研修学生を受入れ!

2019年03月04日

 本学との姉妹協定校である空軍軍医大学口腔医学院(中国)から教員2名と学生5名が来学し、短期研修学生として2019年2月24日から3月3日までの8日間、受入れを行った。

 一昨年、中国の陝西省西安市にある第四軍医大学が、「空軍軍医大学(Air Force Medical University)」へ校名変更されて、初の来日となった。

 来学した学生達は、昨年の夏、本学歯学部5年生5名が同大学における研修に参加した際のホスト達で、お互いの再会は約半年ぶりとなった。

 28日には本学を訪れ、本学歯学部 藤原 周教授による「本学の歯学教育の現状」、「岐阜県の歴史と日本の文化」に関する講義を受講した後、基礎系第3実習室にて永山 元彦教授による「Oral Pathological Diagnosis(口腔病理診断)」のレクチャーを受けた。
 その他、講義室や実習室、医科歯科医療センター、シミュレーション実習室、PDI岐阜歯科診療所の視察を行った。

 研修期間中は東京・京都にも滞在し、在日中国大使館表敬訪問や古都京都での日本文化体験を通して、両校学生の友好を深める貴重な時を共有した。
 京都では株式会社モリタ製作所伏見工場を視察。最先端の歯科診療器材を見学。空軍軍医大学の歯学部学生らは、見学ツアーを楽しみながら、珍しい歯科診療器材に驚きの表情を浮かべた。

 一行は8日間の研修の後、3月3日に中部国際空港から帰国の途に就いた。

 同大学との交流は、2002年から本年度で14回を数え、今後も両大学の友好・交流の一層の発展を望むものである。

修了証書授与式にて

基礎系第3実習室にてレクチャー受講

シミュレーション実習室にて

モリタ製作所にて歯科診療機器を視察