HOMEAsahi Now!2019年

経営学会のホームページがスタートしました。

2019年11月8日

経営学会長(経営学部長)
小畠 信史
フォーラム編集委員

 経営学部トーク広場『フォーラム』が誕生したのは、今からちょうど30年前の1989年。85年に経営学部が開設されて4年後のことです。この頃はバブル経済の最盛期、人出不足のために、例えば盆暮の日当が5万円超とアルバイト代が跳ね上がり、これによって懐の潤った日本中の大学生は、北海道へのスキー旅行、ハワイへの卒業旅行と飛び回っていました。以来『フォーラム』は、時には自信が漲り、時にはもがき苦しむ、そんな波乱に富んだ経営学部の「成長」とともに、歩んできました。
 いま、さらなる成長に向けて、未来志向の改革が行われています。ビジネス企画学科と経営学科を統合し、先に統合された情報管理学科(経営情報学科)と併せて、三つの学科の「レガシー」を継承した経営学部へと進化します。恐竜の一部は、鳥へと進化し、空という新たなステージで繁栄していったとのことですが、経営学部もリノベーションを終えて一学科体制となり、令和に大きく羽ばたこうとしています。そして『フォーラム』も今年度、創刊30周年にして60号という「還暦」を迎えます。
 さて、情報伝達手段の革新は、人々の知的探求の可能性を大きく広げました。グーテンベクによる活版印刷の「発明」がヨーロッパの知的世界に新たな時代を生み出した(Re-naissance:ル-ネサンス〔再-生〕)ように、19世紀の電信・電話、20世紀のラジオ・テレビの発明はコミュニケーションの可能性を大きく飛躍させました。そして世紀末、「第4次産業革命」といわれるインターネットの登場と普及が、いわばRe-Renaissance:リ・ルネサンス(勝手な造語です)となって、まさにいま、世の中を根底から変えています。
 こうした変化の著しい時代に、満を持して『フォーラムWEB』版の開設となりました。これまでのレガシーを大切にしながら、より速く、より多く、より詳細な情報を、より身近に、より広範囲に、より多くの人々に提供し、それを通じてみなさまと語り合う「トーク広場」を再構築します。
 なおWebサイトには『フォーラム』の「レガシー」(バックナンバー)が納められています。学部生のみなさん、これから本学部に入学してくる未来の学生さん、先輩の活躍をご覧ください。多彩な活動をして、有意義な時間に満ちています。長いようで短い4年間です。充実した大学生活を送り、先輩に勝るとも劣らない自分を実現してください。そのヒントが『フォーラム』には溢れています。
 そしてOB・OGのみなさま、あの頃を思い出してみてください。ゼミ活動、学外研修、部活動、各種体験記、ふるさと紹介、お国自慢、朝日祭、友達や教員との交流など、みなさまと経営学部の成長記録を留めたアルバムです。回顧するとともに、あわせて現在の活躍もお知らせください。

 『フォーラム』は経営学部に関係する学生・教職員・卒業生・ご家族・学費支弁者様等(及び一般読者)のみなさまによる情報受発信・交換と交歓の場です。みなさまの-および組織としての学部の-魅力を伝え合う新たなツールとしてご活用ください。学生、教職員、卒業生をはじめ、みなさまからの投稿を大歓迎します。
 『フォーラム』を通じて関係者の紐帯(Solidarite)がより一層強固になることを願っています。

経営学会ホームページはこちら