HOME 学部・大学院

法学研究科の特色[法学研究科]

法学研究科では、広い視野に立って精深な学識を授け、法学分野における研究能力又はこれに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うことを目的とし、教育と研究指導を行う。

  • ・実用法学を重視した教育
     授業科目の構成は実用法学を重視した教育内容となっているため、研究者を志望する者はもちろんのこと、特に高度な専門的知識を前提とする職業人の養成に向いたものとなっている。

    ・学生の問題意識を考えた教育
     学生が主体的に教育研究に取り組むことを期待するとともに、個別教育の徹底と教育研究の充実感を高めるために、各自の課題意識を尊重した教育を目指している。

    ・学生の目的に応じた個別指導の徹底
     教育方法の基本形式は、講義、演習、研究指導から構成するが、履修時期等について個別にきめ細かい指導を行う。

    ・対象者別の入学試験
     入学試験は、社会人の入学希望者に配慮した選考方法を取り入れており、また、入学前からの個別指導を必要に応じて行う。