HOME 学部・大学院

経営学研究科の概要

Mission and Goals 経営学研究科の目的


経営学研究科は、建学の精神に則った教育理念の具現化を目的として、産業や企業経営に情報科学技術を適切に応用できる実践的で創造的な能力をもった人材の育成を目指しています。

(1)研究者養成を目的とする教育

  • 研究者となることを目的とする者に対して、その資質を見極め伸ばすことにより、学術研究の推進と国際貢献が可能な能力の開発を目指します。

(2)高度職業人の養成を目的とする教育

  • より高度な職業につくことを目指す者に対して、高度な専門知識を有し、なおかつ、高度情報通信社会が求める新しいビジネスセンスを持つ人材の育成を目指します。

(3)高い専門的素養を身につけることを目的とする教育

  • より質の高い専門教育を受けることを求める者に対して、学部教育の上に積み上げられる専門性の高い素養を身につけることを目指します。

Admission Policy 入学者受入方針


 経営学研究科修士課程の人材育成に関する目的は、広い視野に立って精深な学識を授け、経営学・情報学分野における研究能力又はこれに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うことである。
 このような目的を実現するために、本研究科では、複数の教員が指導を分担し抱えている問題を解決する「プロジェクト研究」と一人の教員がその専門領域についてじっくりと指導する「専門研究」の2つの研究手法を用意している。そして、それぞれについて経営学に関する基礎学力又は相当の経歴・経験を有し、幅広い学術研究の推進を実現できる次のような者を求めている。

【専門研究】
・ 経営学領域の研究者や教育者を志す者
・ 高度な専門知識を取得したい、あるいは高度な専門資格を取得したいと考えている者
・ 社会人として活躍しながら経営学領域における問題解決能力を高めたいと考えている者
・ 国際的な視点をもち高度な知識を身につけたいと考えている者
・ 学際的な研究知識を身につけ、分野横断的なフィールドで活躍したいと考えている者

【プロジェクト研究】
・ 研究課題として解決すべき問題を持っており、それに対する解決手段を知りたい者
・ 経営学研究科が用意したプロジェクト型の研究課題の領域に問題意識があり、そのような問題の解決を望む者
・ 新たなプロジェクトを企画運営して行く能力を身につけたいと希望する者
・ 自身の専門知識を伸ばすとともに、他分野の知識を積極的に身につけたいと希望する者

 経営学研究科では、以上のような2つの研究方法別に学生の受入れを行うことで種々の入学試験を用意している。
 専門研究については、学内の優れた学生が早期に進路を決定しやすくするための学内推薦、一般学生・社会人・留学生を幅広く募集する学力中心の一般学力試験、同様に一般学生・社会人・留学生の研究意欲を問う特別選抜試験を実施し、様々な切り口から、多様な大学院生を募集している。
 一方、プロジェクト研究については、その性格上、抱えている問題点について本研究科で解決可能かどうかを議論することができる特別選抜入試を実施している。

Curriculum Policy 教育課程の編成方針


  経営学研究科修士課程の人材育成に関する目的は、広い視野に立って精深な学識を授け、経営学・情報学分野における研究能力又はこれに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うことである。
本研究科修士課程では、アドミッションポリシーに示したとおり、「プロジェクト研究」と「専門研究」の2つの研究方法について、大学院生を募集する。このような研究科入学の目的に合わせて二種類のカリキュラムを用意する。すなわち、既に研究の目的が明確な「プロジェクト研究」では、高度な専門領域の特論科目を履修するのではなく、基本科目群+基礎科目群とプロジェクト研究指導科目群の履修により修了要件を満たすことを可能とする。一方、「専門研究」では、基本科目群+基礎科目群に加え、高度な専門領域の応用科目群の特論科目を履修し、個別研究指導科目群により研究指導を受けることで履修要件を満たすことができるようにする。
  本研究科のカリキュラムは、講義内容の連続性や科目の重要性を考慮して、次の4つに区分する。
1) 基本科目群:「研究の方法」、「文献調査法」、「論文作成法」といった、研究の推進・論文作成に必要となる知識を身につけることを目的とした科目群である。教員の専門分野における研究方法や研究倫理、情報セキュリティ、CSRなどについて、各教員がオムニバスで講義する「経営学研究法」、主に外国語の文献調査の方法、図書館の使い方や文献整理方法について学ぶ「外国語文献調査法」、修士論文の書き方をはじめとする「論文作成法」の3科目を必修科目として配置する。
2) 基礎科目群:経営学研究に必要な基礎的な特論科目を配置し、高度な資格取得を目指す者やプロジェクト研究を行う者は、基礎科目群を中心として履修することで単位が充足できるように設計する。基礎的な特論科目を中心に13科目を配置する。この中から3科目6単位以上を必修選択科目として履修する。
3) 応用科目群:専門研究を進める上で必要となる高度な専門知識を修得するための科目群である。研究科の基本方針に従い、地域に関連する特論科目を充実させるように配慮する。時事問題等を扱う「特殊講義」2科目を含む14科目を配置する。いずれも選択科目とする。
4) 研究指導科目群:研究指導を受けるための演習科目群である。「問題解決型」のプロジェクト研究を選択した者のための「プロジェクト研究指導科目群」4科目又は専門研究を選択した者のための「個別研究指導科目群」4科目があり、選択した研究方法に従いどちらか4科目を必修として履修させる。
5) 以上、基本科目群、基礎科目群、応用科目群、研究指導科目群の必修科目・必修選択科目を含めて、15科目30単位以上を修得させる。

Diploma Policy 卒業認定・学位授与に関する方針


  朝日大学大学院経営学研究科修士課程は、教育目的に基づき、課程修了時に主専攻分野についての高い学識及び応用力並びに基礎的研究能力を身に付けていることを到達目標に掲げている。
 当該課程に必要な年限以上在学して所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文を提出してその審査及び最終試験に合格した者に対して、修士(経営学)の学位を授与することとしている。