HOME 学部・大学院

教職課程センターの概要

 教職課程は、法学部、経営学部、保健医療学部、大学院法学研究科及び大学院経営学研究科に併設して、これらの教育の充実を図るための教職課程センターを設置し、教員養成のための教育課程、教育実習等を総括的に取り扱い、系統的指導をすることをねらいとしています。
  特に新しい学習指導、生徒指導、進路指導、特別活動等の分野を含め、具体的実践的事例や模擬授業を導入し、全人教育ができる教員養成を、目指しています。

1.教員養成の目標

 本学の教職課程は、「教育職員免許法」及び「教育職免許法施行規則」に基づき教育職員免許状を取得し、将来教職に就くことを志望する学生のために設けられたものである。
 教育は人が対象であり、次の世代の人づくりを志すことはすばらしいことである。しかし、教育の仕事は単純でなく多様である。
 今日の学校教育は、知識・技能の教科指導だけでなく、生徒指導、進路指導から特別活動の指導に至るまで、教師の全人格が反映し、生徒の人間形成に関わる仕事である。
 このため、教師には専門的知識・技術はもとより、豊かな教養、教育愛や使命感、そしてたくましい実践力、指導力が求められている。
 したがって、教職課程を履修する者は、望ましい教師像を目指して、自己形成に努める日常の心構えが大切である。
 本学において教育職員免許状を取得するためには、卒業に必要な単位を修得するとともに、教職課程で免許状取得に必要な単位を修得しなければならず、そのためには1年次から履修計画を立てて、全ての科目について十分な成績を修めることが必要である。
 また、課外活動やボランティア活動、資格取得、行事等に積極的に参加し、心身の健康に努め、自己教育力を高め、豊かな個性づくりに励むことも肝要である。
2.教員養成の指導計画
 教職課程科目の指導に当たっては、実学を重視し、少人数指導の利点を生かし、教科教育法をはじめとした多くの教職科目において、模擬授業や学生による発表、報告等の機会を取り入れ、望ましい学習指導の定着が可能となるよう指導に当たる。
 教育実習については、事前、事後の指導に特に力を入れるとともに、原則、教育実習校へ本学教員が実習指導訪問を行い、研究授業を参観し学校での指導に加わるなど、実習校との結びつきを図り、きめ細かい指導を行う。
 また、介護等体験においても、介護体験施設・学校と綿密な事前打合せを行い、体験中に施設や学校の訪問を行うなど、学生が有意義な体験をできるよう努める。
 教職課程履修の総まとめとして「教職実践演習」の指導を行うにあたり、教職課程センター専任教員が分担して少人数の学生を受け持ち、学生の自主的な調査研究について、個別のきめ細かな指導・サポートを行う。