HOME 保健医療学部看護学科

看護‐カリキュラム

建学の精神に基づく「3つのチカラ」を持つ看護師を育成します

3つの力

看護学科では、「人を思う心をもって関係を構築する力」、「自己研鑽して未来を切り開く力」、「社会に貢献し変革する力」の3つの力を持ち、高度化・多様化する保健・医療・福祉分野において、あらゆる健康レベルにある人のニーズに対応できる看護職を育成します。カリキュラムは「教養基礎科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」に区分し、それぞれの中に3つの力を養うための科目を配置しています。

カリキュラム


教養基礎科目

看護専門職として専門的な科目を学習する前に、看護学を学ぶ者として必要な知識と見識を身につけるための科目です。知的、倫理的側面の育成、人権の擁護、物事を多元的にとらえる視野、また異文化や異なる環境にある人への理解を深め、社会の中で創造的に行動していく力を養います。

専門基礎科目

看護学が人を対象とする学問基盤であることを学べるように、医学的な疾患の知識だけで人を理解するのではなく、疾患を持ちながら地域社会で暮らす人を理解するための科目です。

専門科目

教養基礎科目、専門基礎科目で学んだ知識と看護学の知識や技術を統合させ、看護学を幅広い視点でとらえ、より深く学ぶための科目です。『看護の基礎』、「看護の実践と展開』、『地域生活支援の展開』、「看護の統合と発展』の4つの領域があります。

臨地実習

看護学科では、高い看護実践能力を習得するため臨時実習に最も重点を置いています。臨地実習を通して看護を支える考え方とともに看護の方法・知識・技術の習得、また、健康被害のない人から病気や障害のある人まで、あらゆる人々の健康と生活を支える看護師としての看護実践能力の向上を目指します。
*実習は、朝日大学病院をはじめとする70の実習協力機関にて行います。


保健医療学部看護学科