HOME template

大規模災害で被災した在学生への支援

 朝日大学では、大規模災害で被災された世帯の在学生に対する修学支援を目的とする特別の措置として、授業料等納付金の減免措置を講じています。
 なお、適用を受ける学生については、原則として公的機関が発行する「罹災証明書」等の被害状況を確認する書類を提出いただくことになります。

1.対象者

(1) 東日本大震災及び熊本地震による災害救助法適用地域において被災した学費支弁者を有する2017年度在学生(科目等履修生、研究生、特別聴講学生を除く。)とする

(2)学費支弁者の前年(1月から12月)の収入金額が、給与所得者にあっては、源泉徴収票の支払金額が841万円以下の方、給与所得者以外にあっては確定申告書等の所得金額が355万円以下の方

(3)被災対象等:家屋の全壊、半壊又は学費支弁者が死亡若しくは行方不明



2. 減免内容 

(1)東日本大震災

罹災対象(罹災状況) 入学金 授業料 施設維持費 実習費 歯学教育充実費
家屋 全壊・半壊 半額減免
学費支弁者 死亡・行方不明 半額減免

(2)熊本地震

罹災対象(罹災状況) 入学金 授業料 施設維持費 実習費 歯学教育充実費
家屋 全壊・半壊 全額免除 全額免除 全額免除 全額免除 全額免除
学費支弁者 死亡・行方不明 全額免除 全額免除 全額免除 全額免除 全額免除