診療科のご案内

歯周病科

歯周病は気が付かないうちに進行します。定期的な受診でお口と全身の健康を。

歯周病とは?

歯周病は、口腔内に常在する細菌が体の抵抗力を超えて増えた場合に、感染を引き起こし歯肉に炎症性病変を引き起こす感染症です。慢性炎症の結果、歯の周りの歯ぐき(歯肉)が腫れたり、歯を支える骨(歯槽骨)などが溶けていきます。発病に気づかず放置すると、そのうち歯茎が腫れや歯の揺れが大きくなり硬い物が噛めなくなり、ようやく歯周病にかかっていることに気づきます。しかし、この段階では相当に進行していて治療が困難となります。さらに歯周病は様々な全身疾患との関連が指摘されています。歯周病の治療によって、全身の大病も未病にする可能性があるのです。歯科疾患の中で唯一、生活習慣病といわれている歯周病、真剣に治しませんか?

正常 歯周病による骨の吸収
初期の歯周病 進行した歯周病

歯周基本治療

生活習慣病である歯周病は、まず患者様の治療する気持ちが最も大切です。なぜ、どのように、どうして、という様々な疑問にお答えしながら、患者様の「治したい」という気持ちを大切にし、適切なアドバイスの下、治療にご参加いただきます。歯周病の進行程度にかかわらず、まず初めに行われる治療が歯周基本治療です。歯周病の原因である細菌、プラークを可及的に減らすためのブラッシング指導や歯石の除去、汚れをつきにくくするために歯の根の表面を滑択にし、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整など口腔内の環境を整え、お口の中から歯周病の原因を取り除いていきます。

治療前 治療後
歯肉の腫れ・歯石の沈着があります
歯周基本治療前
歯肉の炎症状態が改善しました
歯周基本治療後

歯周外科治療

進行した歯周病では、プラークコントロール、歯石除去などの歯周基本治療だけでは治らないことがあり、歯周外科手術を行なって歯周病の治癒を目指します。歯周外科治療の中でも歯周組織再生療法、歯周形成手術をご紹介致します。

歯周組織再生療法

一度歯周病で破壊されてしまった歯周組織を再生させるために行われる外科的な処置で、重度の歯周病で失われた歯周組織(セメント質・歯根膜・歯槽骨)の再生を行い、歯を保存することを目的とした治療法です。

再生療法前

再生療法前

再生療法後

再生療法後

歯周形成手術

歯肉歯槽粘膜の形態異常を外科手術によって改善し、プラークコントロールしやすい口腔環境の確保や審美改善を目的とする治療法です。

歯肉の退縮例 歯肉移植による審美性の改善
歯肉の退縮例 歯肉移植による審美性の改善

歯周病と全身的疾患の関与

歯周病と全身疾患の関連は深く、プラーク中の歯周病原性細菌が炎症により損傷した歯周ポケットから組織内に侵入し、全身循環を介して遠隔組織に影響していきます。また、喫煙は歯周病の発症や進行に悪影響を与えることが明らかにされています。全身的な病気の予防や治療に加えて、禁煙など生活習慣の改善も歯周病予防には大切です。

メインテナンス・サポーティブペリオドンタルセラピー(SPT)

メインテナンス・サポーティブペリオドンタルセラピー(SPT)

歯周病は、再発しやすい疾患であるため歯周治療により治癒または病状安定となった歯周組織を長期間維持し、また再発を予防するためには、メインテナンス・SPTを行うことがとても重要です。そのため、良好な口腔内の環境を維持していくためにも定期的な来院をしましょう。

ポスター

※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

講座のホームページ

ページの先頭へ戻る