診療科のご案内

HOME診療科のご案内歯科口腔外科

歯科口腔外科

口腔癌、外傷、難度の高い抜歯や全身的既往を有する有病者・高齢者の処置を中心に行っています。

特色

岐阜県下唯一の歯学部として歯科医学に関する臨床・研究・教育における中心的役割を担うことを目指しています。

特に臨床面では各専門医が連携して総合的な診断・治療を行い、地域の基幹センターとしてより高次な医療を目標に診療を行っています。
なお、当センターは入院設備を備えていませんが、朝日大学病院歯科口腔外科と密接な連携体制をとり、入院治療が必要な症例にも対応しております。

口腔癌

口腔癌には、舌癌、歯肉癌、口底癌、頬粘膜癌、口蓋癌などがあります。また唾液をつくる組織にできる唾液腺癌などもあります。口腔癌は、顎の下のリンパ節(顎下リンパ節)・首のリンパ節(頸部リンパ節)に最も高い確率で転移を起こします。さらに白板症や紅板症などの口腔粘膜病変は前癌病変、扁平苔癬などは前癌状態とされており、癌化する危険性があるため注意が必要です。

当院では、朝日大学病院と連携し早期癌に対しては外科手術を行います。また、進行癌に対しては化学療法と外科手術の併用療法を行っております。頸部リンパ節への転移の可能性が強く疑われる場合や転移を認めた場合、癌を確実に切除するために頚部リンパ節に隣接した組織も一緒に切除する手術(頸部郭清術)を行います。

顎変形症 術前・術後
下顎歯肉癌                舌癌

顎変形症

顎変形症とは上顎骨や下顎骨が、過成長あるいは劣成長しその結果、顔面の変形と咬み合わせ不全を来したもので、日本では下顎前突が最も多くみられます。重度の場合には歯科矯正治療のみでなく、外科手術を含めた治療となります。この治療は高度先進治療として認められており、矯正治療、手術とも健康保険を利用することができます。手術は全て、口の中から行いますので、顔に傷は付きません。当センター歯科矯正科での術前矯正治療の後、3-4週間程の入院下での全身麻酔手術を行います。
1997年より施設基準承認を得ており、咬み合わせや発音改善のための手術件数は増加しています。

顎変形症 術前・術後
術前 → 術後
顎変形症 術前・術後
術前 → 術後

抜歯

単純な抜歯はもとより、埋伏智歯などの難度の高い抜歯や、高血圧、糖尿病などのある有病者や高齢者の方の抜歯も行っております。それらの抜歯は、外来歯科治療の範疇ではなく手術という認識で無痛的かつ清潔操作で手術しております。その結果、良好な治癒成績が得られています。

顎関節症

近年、増加傾向にある疾患です。症状は口を開けたり閉じたりしたときの顎のこわばりや痛み、起床時に顎の周りのだるさ、口が開きにくくなった、口が開かなくなったなどの症状が多くみられます。当科での治療では主にバイトプレート(プラスチック製のマウスピース)を使用しております。治療期間が長くかかることもありますが、良好な治療成績を得られています。

外傷・骨折

ぶつけたりして脱落した歯はあまり触らないようにして、乾燥させないように唾液をしみこませたガーゼなどに包んで生理食塩水に浸してお持ちいただくのが理想ですが、乾燥させないように水に浸けるか、濡れたガーゼに包んでお持ちください。再植することで保存できることもあります。また、頭部をぶつけたりした場合や受傷時の記憶がない場合は、まずはお近くの病院の脳神経外科や救急外来などを先に受診していただき、脳に異常がないことを確認してからお越しください。

顎が骨折してしまった場合には物がかめなくなったり、口が開かなくなったりします。入院、手術による整復・固定を行います。朝日大学病院歯科口腔外科と連携して、3-4週間入院していただき治癒不全が出ないように治療を行います。

ポスター

※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。
ページの先頭へ戻る