診療科のご案内

小児歯科

お子様のお口の健康を身体や心の成長に合わせて管理していきます。

小児歯科では

歯が生える前の赤ちゃんから永久歯が生えそろうまでのお口の健康管理を行います。
小児歯科の特徴は、歯だけでなく、身体や心の成長に合わせて考えていくことにあります。

例えば、小さなむし歯があったような場合、その子が治療が上手にできるようになるまで、むし歯の進行を止めるお薬を塗ったりしながら、歯科の診療に慣れていくようにすることもあります。
かみ合わせや歯並びがおかしかったりした時でも、その子の年齢や食事の仕方、また姿勢や舌の使い方なども調べていきます。

ただ、今の歯の状態を直すだけでなく、将来の子供の成長を考えた、長期的な視野に立って治療を進めて行くのが小児歯科の特徴です。

むし歯予防

むし歯にかかってからでは遅すぎます。
小児歯科ではむし歯にならないためのブラッシング・栄養指導の他、奥歯の溝にお薬を詰めるシーラント処置、歯を強くするフッ素塗布も行っています。

むし歯治療(日帰り全身麻酔を含む)

小児は大人のコピーではありません。小児の心理発達を専門に修得した歯科医師が対応します。また、むし歯の本数が多い、長期間に渡る通院が難しいといった場合は、状況に応じて全身麻酔下(日帰り)で集中治療を行うことも可能です。

咬(か)み合わせの誘導

不正な咬み合わせは、乳歯~永久歯への生え替わりに多く出現します。特に、指しゃぶりが長く続いている、舌を前に出す癖がある、お口をポカンと開けたままにしていることなどが原因で、咬み合わせが悪くなってしまった場合は、早期に対応することが大切です。

摂食・嚥下指導外来

全国の歯学部附属病院小児歯科の中でも本センター独自のシステムです。食べこぼしが多い、うまく飲み込めない、口呼吸といった口腔機能発達不全が疑われるお子様に対して、機能的および画像的に検査を行い、診断結果に応じて、専門医や専門歯科衛生士が食事指導や機能訓練を行っています。

顎関節・歯ぎしり外来

成長発達中の小中学生は、咬み合わせの状態によって顎が痛い、口が開かない、開けるときに音がする、といった顎関節症(顎の関節の病気)の症状を訴えることがあります。
また、夜間に子供の歯ぎしりが気になるという保護者からの訴えがあることも。そういったお子様に対する治療を行っています。

障がい・全身疾患を持った小児の治療

当科では12歳以下の障がい・全身疾患をお持ちのお子様のお口の管理も行っています。すでにむし歯がある、または管理途中にできてしまったような場合は、モニターで全身管理を行いながら治療します。また、外来での治療が困難な場合は、かかりつけ医や麻酔医と連携して、全身麻酔下(日帰り)での処置も行っています。

定期検診

当科では通常3か月に1度の定期検診を行っています。

お口の中の異常(むし歯、咬み合わせ)を早期に見つけ、その時期に応じた適切な処置を行っていきます。
もし異常が無く健康な状態でも、その子の歯みがきの苦手な部分を指導したり、フッ素塗布を行います。

講座のホームページ

Q&A

Q1:
なかなか歯が生えてこないのですが・・・。

最初の歯が生える時期は 平均8~9か月ごろです。しかし、歯が生える時期や順序は個人差がとても大きいものですので、1歳のお誕生日を迎えても歯が生えないという子は珍しくありません。その場合当院では、「1歳半くらいまで様子を見ましょう」とお話しています。

もし心配でしたら、一度小児歯科にご相談ください。歯ぐきの状態やレントゲン写真などから、確認することができます。

Q2:
下の前歯が生えてきたので歯みがきをしていますが、嫌がって上手くさせてくれません。どうしたらいいでしょうか?

歯みがきは毎日行うものですから、無理やり押さえつけて歯みがきをしても、ますます嫌がって習慣になるのは難しいでしょう。この時期なら、最初はお湯に浸したガーゼで歯の表面をそっと拭うだけで十分です。そしてガーゼでの歯みがきに慣れてきたら、次に歯ブラシを使います。

まず歯の表面を軽くこすってみてください。すると赤ちゃんはたいてい歯ブラシを手に取ろうとしますので、お母さんが目を離さないようにして、舐めさせたり咬ませたりして遊ばせてみてください。こうすることで次第に歯ブラシの刺激に慣れていきます。

Q3:
フッ素はむし歯予防に効果があると聞きましたが、本当でしょうか。またいつごろから始めるのでしょうか?

フッ素は、歯のエナメル質に作用してフッ化カルシウムに変化します。これが酸に対して抵抗力をもつので、むし歯を予防します。歯が生えたてのころはフッ素を吸収しやすいので、前歯が生えそろったら1回、奥歯が生えそろったらまた1回塗り、以降3か月から半年に一度の割合で塗ります。
しかし、フッ素を塗ったからといって歯みがきをさぼるとむし歯になります。

Q4:
歯みがき剤はいつごろから使うのですか?

歯みがき剤を使えるのは、うがいができるようになる2歳半から3歳ごろです。
それまでは水を使って歯をみがき、ブクブクをさせて歯ブラシやうがいに慣れさせましょう。

お母さんがうがいの手本を示してやると、子供もまねして上達も早いでしょう。

 
Q5:
生後1か月を過ぎるころから指をしゃぶるようになり、1歳になる今も遊びながら指を吸っていることがあります。歯ならびに影響すると聞いたので心配です。

乳児期の指しゃぶりは、両手が自由に使えるようになり、おもちゃなどで遊べるようになると、自然にしなくなっていきます。それでも、退屈なとき、心に不安があるときなどは安心を得るために指しゃぶりをすることがあるでしょう。

2歳ごろまでの指しゃぶりが歯ならびへの影響はあまりないと考えられています。ただし、指にタコができるまで吸う、指が化膿しても吸うというような激しい場合や、3~4歳を過ぎても吸うなど長期間続ける場合はあごの発達や歯ならびが悪くなるなどの影響が出ることがあります。

しかし、早い時期に無理やりやめさせるのはストレスとなったり、ほかの癖が出現したり、かえって悪影響を及ぼしかねません。ですから3歳を過ぎたころにまだ続けている場合には、指しゃぶりを続けることがなぜ良くないのかを子供にやさしく説明し、自分からやめる方向へ導く方法が理想的でしょう。

Q6:
歯医者さんに行くと泣いて嫌がるのですが、治療はできるのですか?

原則として、緊急の場合を除き、泣きながらの治療は行いません。言葉が理解できる3歳ごろなら、治療の内容をわかりやすく説明して、使う道具を実際に見せ、触らせ、その上で使ってみるといった練習から入ります。治療の順序も刺激の少ない簡単な治療から始めて、子供の協力状態を観察しながら徐々に複雑な治療へと進んでいきます。

それでも泣いてしまう場合は励ましながら治療を進め、治療が終わってから頑張ったことをほめてあげます。そうすることで治療に対して次第に自信をつけ、治療態度が劇的に変化する子もいます。その他、ご心配なことがありましたら気軽にご相談ください。

ポスター

※画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

講座のホームページ

ページの先頭へ戻る