障がい学生支援

障がいのある学生の修学支援について

朝日大学学生支援センター(学生生活支援室)では、障がいの有無に関わらず全ての学生が平等な環境のもとで学生生活が送れるように次のとおり基本方針を定めます。

基本方針

  1. 本大学における修学支援は、すべての学生に等しく教育の機会を保障することを目的とし、学生ひとりひとりが学修を円滑に進めることができるよう支援を行います。
  2. 障がいのある学生からの修学支援の要請に基づき、関係部署が緊密に連携、協力して支援(合理的配慮)を行います。
  3. 支援の主体である学生の自主性の尊重を優先し、その上で障がいの状態や、必要性を考慮し対応可能か検討を行います。

支援の対象

身体及び内部障がい、疾病(身体もしくは精神もしくは両方)により、学生生活において修学上の制限を受ける状態であり、学生本人が支援を受けることを希望し、かつ大学が求める障害者手帳や診断書等を提示し、支援の必要性が認められた学生を対象としています。

支援の流れ

支援の問い合わせ
支援に必要な方は、学生生活支援室(3号館1階学事一課内)にご相談ください。
支援内容の協議
講義や試験など履修に関する支援、学生生活支援、就職支援など内容に応じて対応します。
支援内容の決定
支援内容を検討し、学生支援センターで決定します。
支援
決定された支援内容を関係部署と学生生活支援室とで連携して実行します。

支援内容例

講義や試験に関すること
手話通訳者の手配、教室内座席の確保(本人、介助者)、途中退席許可、試験時の別室受験時間延長など。
学生生活に関すること
学内移動の介助、学内駐車の許可、学内施設の改善、カウンセリングなど。
就職支援に関すること
学外機関(ハローワーク、障がい者支援団体等)との連携、障がい者採用の求人の紹介、個別面談など。

問い合わせ先

学生生活支援室(学事一課内/3号館1階)
窓口対応時間:平日9:00~17:00、土曜日9:00~13:00
直通電話番号:058-329-1085
E-mail:gakuseialice.asahi-u.ac.jp