法学部
活動

警察、行政と連携した活動で数々の賞を受賞

岐阜県唯一の「法学部」。岐阜県警の協力を得て瑞穂市の防犯活動ボランティアを行ったり、岐阜県弁護士会と連携して一般市民の方を対象とした法律講座を開催するなど、行政や企業と連携しながら地域社会に根差した活動を展開しています。

防犯ボランティア団体「めぐる」

次世代を担う人材の確保・育成を図るための警察庁の事業として、全都道府県を対象に「若い世代の参加促進を図る防犯ボランティア支援事業」が実施されることとなり、2010年7月に結成されました。結成以来、「散歩レンジャー」と呼ばれるパトロール活動、青色回転灯を装備したパトロール車による地域巡回、放課後児童クラブにおける防犯教室の実施など、岐阜県警察本部、北方警察署、瑞穂市役所の協力を得て様々な活動を展開しています。

内閣府主催の平成27年度「子供と家族・若者応援団表彰」で「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞。

瑞穂市立穂積北中学校にて。
新入生とその保護者の方を対象としたワークショップに参加。

サイバー防犯広報番組用の動画を作成。写真をクリックするとYoutubeで動画を見られます。

朝日大学こぞって投票にいこまいプロジェクト

2015年に法学部刑事法ゼミの学生を中心に立ち上げた「学生の視点から、若者の投票率低下問題の対策を考え、行動する」プロジェクト。 現在は、学生20名がプロジェクトの一員として活動に参加しています。街頭や動画作成による啓発活動に加え、公開討論会を開催するなど積極的な活動を行っています。

投票年齢が18歳に引き下げられて初めて行われた選挙。学内に設置された期日前投票所前で啓発活動。

プロジェクトの活動が認められ表彰を受けました。この他にも2つの賞を受賞。

瑞穂市長選に続き、市議会議員選挙においても公開討論会を実施。

朝日大学BBS会

朝日大学BBS会とは…
2012年に朝日大学法学部刑事法ゼミの学生が中心となり立ち上げた、更生保護ボランティア団体です。現在(2015年度)は、2~4年生の学生32名が岐阜県BBS会の一員として、活動に参加しています。

BBSとは、
『Big Brothrers and Sisters Movement』
様々な問題を抱える少年と、兄や姉のようなみ身近な存在として接しながら、少年が自分自身で問題を解決したり、健全に成長していくのを支援するとともに、犯罪や非行のない地域社会の実現を目指す青年ボランティア団体。 (法務省ホームページより)