法学部
ポリシー

人と社会の接点に「法律」あり。
あらゆる場面で役立つ
リーガルマインドを身に着ける。

Mission and Goals学部の目的

朝日大学法学部の教育理念は、建学の精神に則り次の三つの教育を柱とし、多様化・国際化した社会に対応できる法的なものの考え方(リーガルマインド)を有する人材の育成を目指しています。
人間形成を尊重した教育
大学教育の基本は、人間形成であり人間性の尊重です。従って法学部では、専門知識を教授すると共に幅広く深い教養及び総合的な判断力を養い、豊かな人間性を涵養します。
法律学の基本科目を尊重した教育
法律学の基本科目を重視した教育と研究を徹底して行い、法律知識と法律的なものの考え方を会得させることにより、社会に生起するさまざまなケースについて、問題点を法律的に把握し、整理し、対処するための能力を養成します。
社会の変化と要請に対応する教育
国際化、情報化、高齢化といった社会の変化に伴い、従来の研究方法、研究範囲では対処し切れないさまざまな法律問題が発生してきたことから、これらの問題を予防し、解決するために必要な教育、研究を行い、それらに対応出来る人間を育成します。

Admission Policy入学者受入方針

<求める学生像>

朝日大学の建学の精神を具現化していくために必要な基礎学力として国語又は公民に関する知識を有し、次のような能力・関心のある入学生を求めています。
  1. 協調性や基本的コミュニケーション能力がある人(協調する人)
  2. 現代的な課題に対し、主体的に考え、取り組もうとする人(創造する人)
  3. 社会のルールを尊重し、行動する人(ルールを守る人)
  4. 多様化した国際社会の変化に関心のある人(国際未来社会を切り拓く人)
  5. リーガルマインドを身に付け、社会に発生する諸問題を解決しようとする人(問題解決のために努力をする人)

Curriculum Policy教育課程の編成方針

朝日大学法学部では、法学の専門知識及び社会人としての豊かな学識と技能を体系的に教授研究し、社会情勢の変化に対応し得る法的思考能力と判断力及び深い教養と豊かな人間性・国際性を兼ね備えた人材を養成することを教育目的としており、これを達成するため、次のとおり教育課程の編成方針を定め、それぞれの目的に応じた授業科目を開設することとしています。
  1. 問題の本質を見抜き、解決できる能力を身に付けるため教養科目を重視(社会・情報・自然科学等の科目を配置)するとともに、言語教育、専門科目を体系的にバランスよく配置する。
  2. 学生の進路目標に合わせた2つのコース(「公務員コース」及び「企業法務コース」)を設置し、それぞれにおいて専門的かつ実践的な教育を行う。

    なお、両コースとも、基本六法の徹底からスタートし、学年進行に合わせて、学生の進路目標達成のために最適な発展科目や関連科目を学習し、自己表現能力、情報収集・分析力などを修得できるよう、体系的な科目配置とし、さらに、これらを基に資格試験・就職試験等に対応する学修を集中的に行う実用科目も配置する。

  3. 少人数クラスで構成する演習を4年間に渡って開講し、専門テーマごとの指導に加え、修学に関する事項から就職指導に至るまでの個別教育を徹底して行い、創造性を身に付ける。
  4. 社会性と国際性を身に付けるため、インターンシップや法廷見学、海外語学研修等を積極的に取り入れることとし、このため、各授業科目においては、厳格な成績評価基準に基づく単位認定行うことで、教育の質及び成果の維持・向上に努めるものとする。

Diploma Policy 卒業認定・学位授与に関する方針

朝日大学法学部では、教育目的に基づき、卒業時に次の到達目標を達成することを掲げています。本学部に4年以上在学し、所定の単位を修得した者に対して、学士(法学)の学位を授与することとしています。
  1. 基本六法を中心とする諸法律に関する幅広い知識及び高度な専門性を有する分野の知識を身に付けている。
  2. 社会情勢の変化や多様なニーズに対応し得る法的思考能力及び判断力、行動力を身に付けている。
  3. 上記1と2の能力を法曹、行政、税務等の専門的職業において発揮するための応用力を身に付けている。
  4. 深い教養と豊かな人間性及び国際性を身に付けている。