経営学部
ポリシー

これからは『個』の時代。
一人ひとりにマネジメント力が問われる。
理論と実習で経営の実力を。

Mission and Goals学部の目的

朝日大学経営学部の教育理念は、社会性と創造性、人間的知性に富む人間の育成という建学の精神にのっとり、地域社会全体の持続可能性と国際未来社会を結びつけうる人材を養成することにあります。
この理念を達成するために、次のとおり人材を育成することに努めています。
  1. 地域社会の活動の本質とそのつながりを理解し、国際的な交易の中で地域を支えうる継続する組織が、どのような意思決定を行い、どのように諸問題を分析していけばよいのかを理論の学びから考え、身に付け、管理できる人材を育成します。
  2. 実社会組織を模したアクティブラーニングの場の中で、言葉で伝えづらい気づきや体験を誰にでも伝わる表現にまとめ、その理論を学ぶことにより、地域や社会の諸問題の構造を分析し、それに対処する適切な行動を実践できる能力を持つ人材を育成します。

Admission Policy入学者受入方針

<求める学生像>

地域や社会に役立ちたいという使命感を持ち、将来それを支える活動に主体的かつ積極的に貢献する意欲のある次のような入学生を求めています。

  1. 大学内の各種活動をはじめとした社会的活動に積極的に参画する意識を持ち続けられる人(本学部への参画意識)
  2. 地域や社会で起こっている事象への関心と、それに関わる人間の行為、組織や社会の活動に強い興味を持っている人(社会への関心)
  3. 高校生活を通じクラブ活動や社会活動等に積極的に参加するなど、他者と協働するコミュニケーション能力を備えている人(コミュニケーション力)
  4. 高等学校での国語を中心とした主要科目の教科書レベルの幅広い知識や、専門高等学校での商業科目の基本的な知識と技能を修得している人
    留学生については、基本的な日本語能力を持つ人(知識・思考力)
  5. 将来、地域や社会に役立ちたいとの思いを持つ人(意欲)

Curriculum Policy教育課程の編成方針

朝日大学経営学部では、地域社会全体の持続可能性と国際未来社会を結びつけうる人材、すなわち地域社会に貢献できる人材を養成することを教育目標とし体系的なカリキュラムを用意しています。このため入学後は学科にとらわれず学部共通の必修科目を中心に学習します。その内訳は、社会人としての幅広い教養を修得する共通教育の基礎教育科目と、経営学の基本的な体系を広く身につける専門教育基幹科目となります。
その後、共通教育科目については、さらに各自の興味関心に応じ選択で人文科学、社会科学、自然科学等の総合教育科目や言語教育科目を履修します。
専門教育科目はさらに、社会性を身につける社会連携科目にくわえ、それぞれの学びをさらに深める基礎科目、また学科に応じ専門性を一層高める学科科目を履修します。
講義科目の多くは、試験をもとに、課題への取組みなどを考慮し総合的に評価されます。
これらの科目の履修にあたっては、教員が少人数の学生と密接にかかわり教育を行う目的で必修の演習科目を履修してもらいます。1年生の基礎演習では、学生それぞれの希望や資質に応じ学びの領域(コース)を教員が助言し、それに応じた履修モデル(カリキュラム・マップ)を示しながら、各自が学習計画と目標をたてられるよう指導していきます。また2年生以降の専門演習では履修モデルで学んだ知識を応用しながら、それぞれの学びの領域に応じた知識と思考法、問題解決法を獲得するための選択と意思決定等を学びます。演習科目では、地域貢献の土台となる信頼を生み出す人間関係やソーシャル・キャピタルを体感することも重要な課題であり、演習への貢献意欲やコミュニケーションも評価されます。
なお、それぞれの学科における代表的な学びの領域(コース)は以下のとおりです。各領域に応じた履修モデル(カリキュラム・マップ)が示されます。

経営学科

地域社会の活動の本質とそのつながりを理解し、国際的な交易の中で地域を支えうる継続する組織が、どのような意思決定を行い、どのように諸問題を分析していけばよいのかを理論の学びから考え、身に付け、管理できる人材を育成します。

<会計・ファイナンス>

「継続的事業体」の活動を貨幣数値的に把握、分析し、これをさまざまな利害関係者に伝達し、その意思決定に貢献する情報とすることができる知識と技量を身につける。

<国際流通>

国内外の生産と消費の間の取引を効果的にすすめるための商業・流通・物流についての管理の知識と技量を身につける。

<マーケティング>

地域ブランドのシーズを調査し、商品開発や販売促進する方法を身につけ、他地域に情報発信できる知識と技量を身につける。

ビジネス企画学科

実社会組織を模したアクティブラーニングの場の中で、言葉で伝えづらい気づきや体験を誰にでも伝わる表現にまとめ、その理論を学ぶことにより、地域や社会の諸問題の構造を分析し、それに対処する適切な行動を実践できる能力を持つ人材を育成します。

<スポーツマネジメント>

各自のスポーツ体験を分析することで経営管理の意義を学び、経営活動の諸問題に対応できる知識と技量を身につける。

<ふるさと・情報活用>

実践的な情報技術を使うことを通じ、六次産業化等の多様なビジネス展開の可能性と ふるさとでの起業等、地域の発展に貢献できる知識と技量を身につける。

<商品開発>

「継続的事業体」における新しい事業の企画を追体験し、人々の生活や社会の持続的 発展に貢献できる価値(製品・サービス)を開発できる知識と技量を身につける。

履修モデル(カリキュラム・マップ)

経営学科

総合経営コース

会計・ファイナンシャルコース〔会計〕

会計・ファイナンシャルコース〔ファイナンス〕

国際流通コース

国際流通コース〔留学生〕

ビジネス企画学科

スポーツマネジメントコース

ふるさと・情報活用コース

商品開発コース

Diploma Policy 卒業認定・学位授与に関する方針

朝日大学経営学部では、教育目標とカリキュラム・ポリシーに基づき、卒業時に次の到達目標を達成することを掲げています。本学部に4年以上在学し、所定の単位を修得した者に対して、学士の学位を授与することとしています。
  1. ビジネスマインドを備え、地域と事業の発展に貢献し、組織の一分野を担いうる知識と技量を身につけている。
  2. 情報を活用して適切なコミュニケーションと意思決定を行いうる知識と技量を身につけている。
  3. ソーシャル・キャピタルを理解し、実践的に経営に参画、挑戦できる企画力・実践力を身につけている。