保健医療学部 看護学科
ポリシー

建学の精神に基づく「3つのチカラ」を持つ看護師を育成。

Mission and Goals学部の目的、看護学科の教育理念・目的

保健医療学部は、本大学の建学の精神に基づき、大学4年間で確かな学士力を身に付けることを基本とし、保健衛生学の専門知識並びに高度な医療技術及び社会人としての豊かな学識と技能を体系的に教授研究し、高い倫理観と豊かな人間性と国際性を兼ね備え、社会に貢献できる人材を育成することを目的とする。
看護学科の教育理念・目的は、建学の精神に則って、生命の尊重と個人の尊厳を基本として深い人間理解のもとに、学修者本位の創造的な教育を推進することで、高度な専門的知識・技術、高い倫理観と豊かな人間性、幅広く深い教養、国際性を兼ね備えた看護専門職者を育成し、地域社会ならびに国際社会に貢献することにあり、多様性を尊重し人との関係を構築する力、社会のニーズに対応し貢献する力、看護専門職者として生涯学修し続ける力を持ち、多様な価値観を持ち生活する人々の健康を支える人材を育成することを目指す。
看護学科の教育目標は、前条の教育理念・目的に基づき、次の3つの力を身に付けることとする。
多様性を尊重し人との関係を構築する力
(1)看護の対象となる人々とその生活が理解できる。
(2)看護の対象となる人々と援助的関係を構築できる。
(3)看護専門職者としての倫理観に基づき、対象となる人々の尊厳と権利を守ることができる。
社会のニーズに対応し貢献する力
(1)根拠に基づいた看護の必要性を判断することができる。
(2)適切な看護援助技術を用いて、計画的・創造的に看護を実践できる。
(3)保健医療福祉チームの一員として、看護職が果たす役割を理解できる。
(4)社会人としての学識を身につけ、社会の動向を敏感に捉えることができる。
(5)異文化を理解し国際的視野をもつことができる。
看護専門職者として生涯学修し続ける力
(1)看護専門職者としての自らの課題を見出し、解決に向けた努力ができる。
(2)専門的能力を向上させるための学修が継続できる。
(3)批判的思考を持ち、よりよい看護実践を探究する姿勢を身につけることができる。

Admission Policy入学者受入方針

<求める学生像>

保健医療学部看護学科では、次のような者を求めています。
  1. 看護学を学ぶために必要な基礎学力を備え、自らすすんで学ぼうとする人
  2. 生命に対して尊厳をもち、さまざまな価値観を認めることができる人
  3. 保健医療福祉活動を通して社会に貢献することを望む人
  4. 誠実で思いやりをもって他者と関わることができる人
  5. 他者の意見を聴き、自分の考えを表現できる人
  6. 探極心をもち、課題解決に積極的に取り組むことができる人

Curriculum Policy教育課程の編成方針

保健医療学部の教育目的を達成するため、看護学科では、教育課程を、次のとおり「教養基礎科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」に区分し、適切な科目を配置する。なお科目の配置は、保健師助産師看護師学校養成所指定規則に準拠するものとする。

<教養基礎科目>

建学の精神を基盤とし、「学修の基盤」、「人と科学」、「人と生活」、「人の尊厳」に区分し、幅広い教養を身につけるとともに、倫理的な考え方や物事を多元的にとらえる力、異文化や異なる環境にある人への理解、社会の中で創造的に行動していく力を育成する。

<専門基礎科目>

看護を学ぶ上で基盤となる科目である。「社会と健康」、「からだと健康」、「こころと健康」に区分し、人間の健康を理解するために必要な知識を修得する。本学は歯学部を有することから、その特性を活かし、健康状態と密接に関連する口腔の健康に着目した科目を設定する。

<専門科目>

教養基礎科目、専門基礎科目の知識と看護学の知識、技術を統合し、あらゆる対象への看護実践および看護学を探究的に学修する力を育成するための科目である。「看護の基礎」、「生活の場と看護」、「ライフステージと看護」、「看護の統合と探究」に区分し、個人、家族及び地域社会で生活する人々の健康レベルに応じて、高度な看護実践能力を育成する。

Diploma Policy 卒業認定・学位授与に関する方針

保健医療学部は、教育目的に基づき、卒業時に次の到達目標を達成することを掲げており、卒業に必要な所定の単位を修得した者に対し、学士(看護学)の学位を授与する。
  1. 看護の対象となる人々を生活者として包括的に理解し、援助的関係を構築する能力を身につけている。
  2. 看護の対象となる人々の尊厳と権利を擁護する高い倫理観を身につけている。
  3. 保健医療福祉チームの一員として、多職種間で連携・協働できる基礎的能力を身につけている。
  4. 根拠に基づき必要とされる看護を判断し、計画的・創造的に実践する能力を身につけている。
  5. 看護が果たすべき社会的責務を理解し、地域社会に貢献する基礎的能力を身につけている。
  6. 社会人としての豊かな学識、国際性を身につけている。。
  7. 自己の看護観を育みながら、生涯にわたりその能力の維持・向上に努める姿勢を身につけている
  8. 看護学の発展に寄与できる探究心および基礎的な研究的態度を身につけている。