保健医療学部 健康スポ-ツ科学科
ポリシー

高い倫理観と豊かな人間性と国際性を兼ね備え、
社会に貢献できる人材を育成する。

Mission and Goals学部の目的

保健医療学部は、本大学の建学の精神に基づき、大学4年間で確かな学士力を身に付けることを基本とし、高い倫理観と豊かな人間性と国際性を兼ね備え、社会に貢献できる人材を育成することを目的とする。
健康スポーツ科学科は、研究対象とする中心分野を健康科学及びスポーツ科学の分野とし、これに関する教育研究を通して、健康科学やスポーツ科学に関する専門知識並びに高度なスポーツ実践技能及び指導技術さらに社会人としての豊かな学識と社会的技量を修得し、高い倫理観と豊かな人間性と国際性を兼ね備え、社会に貢献できる人材を養成することを目的とする。
オールラウンドなスポーツ実践能力
中学校・高等学校の教員を目指す者は、専門とする種目の競技力のみならず、学習指導要領に示されているスポーツ種目全般を学び、実践能力を修得する。
ライフステージに応じたスポーツ指導能力
指導の対象者は、年齢、性別、技術水準、健常者であるか障がい者であるかなどその範囲は広く、発育発達論、生涯スポーツ論等を学びそれぞれの対象者に適した指導能力を修得する。
健康やスポーツを科学的観点から捉える思考能力
健康増進やスポーツパフォーマンスの向上には必ず科学的な根拠があり、過去の経験や体験からの指導では望む結果は得られない。運動生理学、運動学(運動方法学含)、メンタルマネジメント(スポーツ心理学含)等を学び、健康やスポーツを科学的視点から捉える思考能力を修得する。
スポーツにおける企画及び管理・運営能力
学校や地域等において、その集団の状況を把握・分析し、組織や体育・スポーツ活動の企画及び管理・運営が適切に実施できるよう、スポーツ行政論、スポーツ経営・管理学、スポーツマネジメント等を学び、企画及び管理・運営能力を修得する。

<養成する人材>

中学校・高等学校の保健体育教員の養成
本学科の教育課程を履修することにより、体育学の専門知識及び高度なスポーツ実践技能を兼ね備えた、体育の授業はもとより運動部活動の活性化にも貢献できる、教育現場が求める保健体育教員を養成します。
ライフステージに応じた指導のできる人材の養成
一般からトップアスリート、さらには全ての年齢層における健康維持・増進、ライフスタイルやライフステージに合わせたトレーニングプログラムの提供および実践が出来る指導者を養成します。
地域スポーツを支える人材の養成
地域スポーツの推進には、地域スポーツクラブやスポーツイベント等の企画及び管理・運営に対応できるスポーツマネジメントやスポーツ経営・管理学などを学修し、さらにはスポーツリーダーの資格を取得することにより、地域でスポーツを支え、地域に貢献できる人材を養成します。

Admission Policy入学者受入方針

<求める学生像>

健康科学やスポーツ科学に関心を持ち、次のような能力、意欲を持った入学生を求めています。

  1. 協調性や基本的コミュニケーション能力がある人
  2. 入学後、スポーツ活動や社会活動に積極的に参画する意欲がある人
  3. 高等学校等における学習を通して、外国語(英語)並びに国語、数学又は理科の基本的な知識や技能を習得している人
  4. 将来、地域や社会で次のとおり活躍したいと思っている人・保健体育の教員を希望している
    ・地域スポーツの推進に貢献したい。
    ・スポーツリーダーとして活躍したい。

Curriculum Policy教育課程の編成方針

本学科の教育目的に基づきオールラウンドなスポーツ実践能力、ライフステージに応じたスポーツ指導能力、健康やスポーツを科学的視点から捉える思考能力並びにスポーツにおける企画及び管理・運営能力を身に付けさせ、健康やスポーツに関する知識・技術・技能を修得させることを目標として、これに必要な授業科目を体系的に編成し、講義、演習、実技、実験・実習を適切に組み合わせた授業を開講することである。
加えて、4年間の限られた大学教育課程の中で、全ての学生が共通に必要となる、保健体育教員やスポーツ指導者としての基本的な資質や能力を修得させることが重要であるとの考えから、必修科目を多く設定し、必要な知識を確実に修得した上で、科目選択させることとする。これは、既に医学教育や歯学教育において、文部科学省の指導による「モデル・コア・カリキュラム」を基盤にしたカリキュラム編成がなされており、医師又は歯科医師として求められる基本的な資質を明確にし、これを確実に修得させるようにしている。本大学歯学部、保健医療学部看護学科においても同様の考えに基づき教育課程を編成しており、将来の進路目標が明確な学部においては有効かつ必要な手段と考える。
具体的には、カリキュラムポリシーに基づき、本学科が養成を目指す人材(「中学校・高等学校の保健体育教員」、「ライフステージに応じた指導のできる人材」、「地域のスポーツを支える人材」)の基盤を確実に学ぶことができるよう、必修科目を配置するとともに、「健康科学コース」と「スポーツ科学コース」を設置し、それぞれの履修モデルを学生に提示し、選択履修させることにより、将来の進む分野に必要となる知識・技術・技能の修得が可能となるようにする。
履修モデル(カリキュラム・マップ)

Diploma Policy卒業認定・学位授与に関する方針

本学科の教育目標に掲げる、次の4つの能力を身に付け、健康やスポーツに関する知識・技術・技能を修得し、本大学学則に定める所定の単位を修得した者に対して、学士(健康スポーツ科学)の学位を授与する。
  1. オールラウンドなスポーツ実践能力
  2. ライフステージに応じたスポーツ指導能力
  3. 健康やスポーツを科学的視点から捉える思考能力
  4. スポーツにおける企画及び管理・運営能力