保健医療学部 健康スポ-ツ科学科
専門科目紹介

専門科目紹介

スポーツ科学入門

スポーツ科学の基礎知識(スポーツに関連した歴史、哲学、社会学、マネジメント、医学、生理学、解剖学、バイオメカニクス、コーチング、用具と施設など)を学ぶ。

リーダーシップ論

スポーツを通して、

  1. 社会に通用するリーダーを育てる。
  2. リーダーを支えるフォロワーの意識高揚を図る。
  3. 有名スポーツ選手・監督等を題材として、組織におけるリーダーシップ・フォロワーシップの基本を学ぶ。

スポーツ生理学

スポーツ生理学は、ヒトが運動やスポーツをしている時、した後、あるいは継続する時にからだがどのような反応や対応をしているかを明らかにする学問であり、環境や摂取する栄養も関連領域である。また、スポーツ生理学は、競技力向上、トレーニング、運動指導、健康づくりなどの種々の現場的、応用分野の基礎学問であって、スポーツ科学のもっとも基礎となる学問の一つである。これらの学問をスポーツ実践の場で活用できるようにしていくことを目的とする。

スポーツ医学

スポーツなどの身体活動によって、ヒトは健康を増進したり、疾病を回復したりすることができる。しかし、その反面スポーツなどの身体活動が疾病や傷害の原因となり、これらを増悪させ、時には生命を失わせることもある。そこで、スポーツ、身体活動を医学の視点から理解し、今後のスポーツ活動、身体活動の実践や指導の中で、正しい判断ができる力を身につけることができる。

スポーツ歯科医学

平成23年に改正されたスポーツ基本法の中に医学・生理学などに加え歯学が記載され、法的根拠を基にスポーツ歯科医学は国民から注目されている。スポーツ歯科医学の目的は、歯科医学の立場からスポ-ツ競技を通じて適切なスポ-ツ活動の選択、助言、診査、管理、監督と必要に応じて治療を行うことである。さらに、専門的情報を提供することである。この講義は、総論としてスポーツ競技者からスポーツ愛好家および高齢者における口腔と全身との関係について学ぶ。
また、スポーツ活動が原因の顎顔面部における外傷と予防を解説する。そして、成長期における小児のスポーツ歯科医学的特性を解説し、スポーツと歯科医学の関わりを学ぶ。

体育・スポーツ哲学

体育・スポーツ哲学の基礎知識からはじめ、「体育とは何か」「スポーツとは何か」「スポーツモラルとは何か」について知ることを目的とする。これまでの体育哲学の先行研究の説明及び批判を通し、体育哲学の基本理論を学ぶ。「体育」及び「スポーツ」を統合的に理解出来る思考能力を涵養するために、体育・スポーツ界のさまざまな事例の分析により、体育哲学(倫理)理論を学ぶ。

スポーツ社会学

スポーツの社会的意味、社会的事象との関係性を理解することを目標とする。受講者は「する」「見る」スポ-ツに親しんでいることが予測されるが、現代社会におけるスポーツの意義を問い直し、問題点を整理することでより深くスポーツを「理解する」ことが可能となる。スポーツと社会の関わりについて考える力を学ぶ。