保健医療学部 健康スポーツ科学科
特徴

スポーツは科学的観点から研究。
実践的な学びで保健体育教員を目指す。

スポーツを将来に活かす

健康科学やスポーツ科学に関する専門知識、高度なスポーツ実践技能と指導技術を養います。4年間のカリキュラムを通して、スポーツを将来に活かすために必要となる「4つの能力」の修得を目指します。自分がどのようにスポーツと関わっていきたいか考えていきましょう。

養成する4つの能力

オールラウンドなスポーツ実践能力
中学校、高等学校の学習指導要項に示されているほとんどのスポーツ種目を必須科目として用意しており、一定レベル以上の実践能力を修得します。
ライフステージに応じたスポーツ指導能力
「発育発達論」「生涯スポーツ論」などを学び、年齢、性別、健常者から障がい者まで、幅広い対象者に適した指導能力を修得します。
健康やスポーツを科学的観点から捉える思考能力
健康増進やパフォーマンス向上には科学的な根拠があることを理解し、健康やスポーツを科学的視点から捉える思考能力を修得します。
スポーツにおける企画および管理・運営能力
学校や地域において、その集団の状況を把握・分析し、組織や体育・スポーツ活動の企画及び管理・運営が適切に実施できる能力を修得します。

自分のめざす進路に合わせて選択できる3つの専攻

専攻 01
教員養成専攻
中学、高校の保健体育教員を養成します。学校スポーツや多様なスポーツ分野の幅広い知識と技術を学びます。

学びのキーワード

  • 保健体育科教育
  • 学校保健
  • 体育指導法
  • 安全教育
  • 発育発達論
保健体育の教員
中学校・高等学校の保健体育教員
専攻 02
健康・スポーツマネジメント専攻
スポーツ産業における企画営業能力や総合型地域スポーツクラブの設立運営、
スポーツツーリズムなどをマネジメントできる人材を養成します。

学びのキーワード

  • スポーツ産業
  • スポーツマネジメント
  • レクリエーション
  • ヘルスプロモーション
  • 障がい者スポーツ
スポーツプロモーター
スポーツチームのプロモーター、スポーツイベントの企画・運営、スポーツチームのマネージャー など
公務員
スポーツ施設の企画・建設・運営、地域住民の健康増進、スポーツチームのキャンプ誘致 など
一般企業
スポーツメーカーの商品開発、スポーツショップの店長、その他一般企業 など
専攻 03
競技スポーツ科学専攻
各種競技のトップアスリート及び指導者を養成します。競技力向上やコーチングに特化したプログラムで学びます。

学びのキーワード

  • 競技スポーツ
  • トレーニング
  • コーチング
  • メンタルマネジメント
  • チームビルディング
アスリート
プロスポーツ選手、実業団の選手 など
スポーツ指導者
スポーツクラブの指導者、スポーツトレーナー、メディカルトレーナー、スポーツインストラクター など
スポーツアナリスト
スポーツデータの収集・分析、スポーツチームのコーチ、スポーツ解説者 など

取得をめざす免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 公認スポーツ指導者(マネジメント指導者資格)
  • 公認スポーツ指導者(競技別指導者資格)
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級障がい者スポーツ指導員

4つの特色

指導力
優秀な指導者の元には力のある学生がその門を叩く
施設・設備
競技の特性に応じた専用フィールドを完備
メディカルサポート
3つの附属医療機関と診療費補助制度による強力なサポート
奨学金制度
独自の給付型奨学金制度による学費支援が充実