「ク-ルビズ(COOL BIZ)ウォ-ムビズ(WARM BIZ)宣言」

クールビズ(COOL BIZ) ウォームビズ(WARM BIZ) 宣言」について

朝日大学では、「朝日大学エコキャンパスプロジェクト Vol.1」として、「クールビズ(COOL BIZ) ウォームビズ(WARM BIZ)」をここに宣言をいたします。

今後も、本大学では、学生・教職員が地域社会の皆様方と共に、身近な「環境問題」からスタートし、国際未来社会に向け「地球温暖化防止対策」に積極的に取り組んでいくことといたします。

  • 5月~10月までの間、教職員は高等教育機関の従事者としてふさわしいカジュアルな服装(ノーネクタイ、ポロシャツ、かりゆしウェアなど)で、また、11月~3月には、セーターやカーディガンを着用し、教育研究等の業務(会議や行事などを含む)に従事。
    地球にやさしい活動を通じてCO2の削減に努めます。
  • 冷房期間中の間、講義室や研究室・事務室等の室内温度を28℃に設定。
    暖房期間中の間、講義室や研究室・事務室等の室内温度を20℃に設定。
    地球にやさしい活動を通じてCO2の削減に努めます。

建学の精神

「国際未来社会を切り開く社会性と創造性、そして、人類普遍の人間的知性に富む人間を育成すること」を「建学の精神」とする本大学では、「社会性について」で、「人類共存の理念は、今や地球の資源・環境問題をはじめ高齢化社会に伴う労働問題、先進国の国際経済問題、発展途上国の社会経済問題など、解決すべき諸問題に直面している。これらの課題と取り組み、人類の繁栄と幸福を推進するため、国際性と社会性に富む人間、和を重んずる心豊かな人間を育成する。」とし、全学をあげて「環境問題」に取り組むことを標榜しています。

これまでの「環境問題」への取り組み

  • 地域社会のクリーン清掃活動へのボランティア参加
  • エコバッグの製作と配付
  • 廊下・トイレの全照明、トイレ洗面台の蛇口の「人感センサー型」への切り替え

2020年4月15日 朝日大学  学長