学長からのメッセージ

学長
大友 克之
博士(医学)(専門:整形外科学)
1966年生まれ
1985年    成蹊高等学校卒業
1991年    昭和大学医学部卒業
1993~95年  国立がんセンター中央病院にて研修
1997年    順天堂大学大学院医学研究科修了
1997年    朝日大学へ赴任
1997年    国立医療・病院管理研究所にて研修
2004年    朝日大学歯学部教授
これまで附属村上記念病院副病院長、学生部長、副学長、
学長事務代理などを歴任
2008年10月 学長就任 現在に至る

本学の教育理念は、建学の精神に基づき社会性、創造性、人間的知性に富む人材の育成にあります。 法学部、経営学部、歯学部、保健医療学部を核とし、大学院法学研究科、大学院経営学研究科、大学院歯学研究科、そして留学生別科日本語研修課程において、時代のニーズに即した専門的かつ実践的な教育を行っています。また、学生個々の知識と行動力を高めることで、国際未来社会に貢献し得る人材を養成しております。

1971年の創立以来、これまで米国UCLA、北京大学をはじめ世界の19大学と協定を結び、教育・研究、そして学生間の交流を活発に行っています。また外国人留学生の受け入れ、大学間の交換留学および教員の海外派遣・受け入れ、さらには各国の駐日大使館との交流を積極的に展開することで、より一層国際化された大学づくりを推し進めています。この数年を振り返りますと、在名古屋米国領事館首席領事や中国大使館名古屋総領事、駐日南アフリカ共和国大使が来学されました。また2015年より6年連続で国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が提供する「さくらサイエンスプラン」に採択され、海外からの学生受入れを行って参りました。継続的な国際交流活動は、高く評価されています。

この10年間、歯学部においては優れた歯科医師を育成する体系的な教育課程を編成し、卒業直後の臨床研修、そして生涯研修へとつながる「臨床に強い歯科医師の育成」に努めています。経営学部、法学部においては学生の将来への夢、ニーズに合った教育へと転換することで教育力が向上しました。その結果、高い就職率を維持するとともに、新司法試験合格者を複数名輩出しております。経営学部会計学分野においては地域の高等学校との連携に基づき3+4年の中で実務家による徹底した教育を行った結果、スタートから満8年間で、38名の学生が最難関の公認会計士試験の合格を手にしました。保健医療学部看護学科では、JR岐阜駅前に381床の朝日大学病院を有するという強みを生かして、急性期医療の現場に直結した教育を行い、卒業後も安心して就労し得る環境を提供しています。

朝日大学が有する医学・歯科医学・看護学といった医療系の資源と従来の体育学とを融合させた保健医療学部健康スポーツ科学科を2017年に開設しました。これまで展開して参りました朝日大学体育会活動と併せて、トップアスリートの育成から指導者の養成に努めて参ります。2012年のロンドン五輪には初めて本学体育会の卒業生の中山セイラさんがフェンシング競技に出場し、感動を与えてくれました。同年に行われた「ぎふ清流国体」には朝日大学の多くの学生・卒業生・教職員が競技者として、また運営スタッフやボランティアとして参画し、大会の原動力となりました。一方、地域社会との接点を拡充することを目的として学内に設置した総合型地域スポーツクラブ「ぎふ瑞穂スポーツガーデン」からは、金藤理絵さんが、2016年に開催されたリオデジャネイロ五輪で見事、金メダルを獲得しました。大学スポーツのあり方を再検証するため、2019年に発足したUNIVAS(一般社団法人大学スポーツ協会)にも加盟いたしました。こういった活動を通じて、来る2021年開催予定の東京オリンピックに向けたトップアスリートの育成と支援、そして開かれた生涯スポーツ振興の場として岐阜県スポーツ界の発展に寄与して参ります。

私たち朝日大学は来る2021年に創立50周年を迎えます。新型コロナウィルスの感染拡大によってさまざまな活動が制限され、多くの人々が先の見えない不安を抱えています。人類の歴史は「感染症との戦いの歴史」と言っても過言ではありません。感染症の征圧には長い時間と辛抱を要します。私どもは、3医療機関を有する高等教育機関としてこの難局を乗り越え、『ポスト-コロナ』世界を創造すべく、「オール朝日大学」として立ち向かって参ります。