News & Topics

朝日大学地域社会連携講座「医療経営士養成プログラム」フィールドワークIを三重大学病院にて実施!

講座 |2019年07月22日

 朝日大学地域社会連携講座「医療経営士養成プログラム」フィールドワークIとして、三重大学病院(三重県津市)において大規模病院の視察学習を実施しました。
 このフィールドワークは、2010年に本大学と国立大学法人三重大学との間で締結した大学間包括連携協定に基づく連携事業として、また、朝日大学地域社会連携講座として社会人向けに開講している「医療経営士養成プログラム」における学習活動として、同大学の医学部附属病院における病院経営の実際を学ぶことを目的として実施したもので、本大学からマイクロバスにて三重大学病院へ到着後、午前に特定機能病院として先進医療、高度医療に取り組む同病院の職員から医療機関経営についての事例紹介を交えた講義、午後からは施設見学及び質疑応答・意見交換を実施しました。受講生からは、普段は自身の勤務先以外の病院を見学する機会があまり無く、パンフレットやホームページからでは分からない院内の様子やスタッフの雰囲気を肌で感じ、良い刺激を受けたとの声が寄せられました。
 なお、「医療経営士養成プログラム」は医療経営に関する知識、実践的な技能を体系的に学修できる社会人向けプログラムを通じ、医療現場を経営の分野から支える人材を育成することで地域貢献に資することを目的とした社会人向けの講座で、2020年3月末までの1年間で隔週木曜日の通常講義や病院見学など計28回120時間以上の講義を行い、医療経営士試験合格を目指すカリキュラムで、3回のフィールドワークを予定している。また、今後はフィールドワークIIを朝日大学病院において10月に実施予定のほか、フィールドワークIIIを美濃加茂市の木沢記念病院において実施予定(日程調整中)である。
 

開講あいさつ
山田医学・病院管理部長

講義①三重大学病院の取組紹介
経営管理課 駒田副課長

講義②医事課における分析
医事課 宮原診療情報管理士

スキルズラボの見学
初期研修センター 山本センター長

中央放射線部の見学
診療放射線技師 牧 技師長

質疑応答

外来・診療棟5階大ホール前にて
受講生のみなさんとスタッフ