News & Topics

大友学長が中華人民共和国駐名古屋総領事館主催「ピンポン外交50周年シンポジウム」に参加!!

国際交流 |2021年09月04日

 2021年8月26日(金)、大友学長が中華人民共和国駐名古屋総領事館からの招待で「ピンポン外交50周年シンポジウム」に参加しました。

 1971年名古屋を舞台とした「ピンポン外交」は中米両国の和解と中日国交正常化のきっかけとなり、小さなピンポン玉が地球を大きく動かしました。今年は50周年の記念の年となり、新型コロナウイルスの感染対策が行われた上で、当時世界卓球選手権大会が行われた愛知県でシンポジウムが開催されました。

 シンポジウムでは、中華人民共和国駐日本国大使館の孔鉉佑駐日大使が基調講演を行い、http://www.china-embassy.or.jp/jpn/dsgxx/t1902939.htm 後半のパネルディスカッションでは、当時のプレーヤーが招聘の苦労を語るシーンも見られました。

 また、その後の祝賀会では劉暁軍名古屋駐在総領事も挨拶されました。

 前日にはピンポン外交50周年記念卓球交流会が愛知県体育館で開催されており、本学の卓球部の学生も参加し、総勢150名が熱戦を繰り広げ、シンポジウムに花を添えました。

 朝日大学からは森下副学長、青木学事二課長、田国際化推進室長がオンラインでシンポジウムに参加しました。

 朝日大学は建学の精神に則り、今後も中国大使館との関係の維持に努めます。

ピンポン外交50周年記念シンポジウム
基調講演をする孔鉉佑駐日大使
祝賀会で挨拶する劉暁軍名古屋駐在総領事