News & Topics

朝日大学は創立50周年を迎えました

お知らせ |2021年01月19日

1971年、私たちは岐阜県穂積の地に、岐阜歯科大学として産声を上げました。1985年に経営学部を増設し、校名を朝日大学として歩み始めました。歯科医師であり、また実業家でもあった本大学の創立者・宮田慶三郎先生は、知性的な人間、和を重んじ、社会性に富んだ心豊かな人間の育成を、大学の建学の精神に定めました。

新型コロナウイルス感染症という歴史的災厄を前にして、私たちはどう行動すべきか。ある歴史学者は、より良い世界を創造するために、Compassion(思いやり)、 Generosity(寛容さ)、 Wisdom(知恵)が必要であると語っています。この3つの要素は、コロナと闘うわれわれ医療者にも強く求められています。

「私たちは常に未来からの挑戦を受けている」

創立者が遺したこのメッセージは、今もなお色褪せることはありません。朝日大学は、毎年、卒業生に対して次のような言葉を贈っています。「人間は、心豊かに学際的、国際的な生涯学習と研究活動をすることが望ましい。たとえ、どのような専門分野にあろうとも」

創立50周年を迎え、これまで支えてくださった皆様、すべての卒業生、在学生、教職員、協力企業・団体、そして地域社会に感謝するとともに、新たな一歩を踏み出すべく教育、研究、そして医療に真摯に取り組んでまいります。

2021年1月  理事長 宮田  淳
学 長 大友 克之