News & Topics

東京五輪フェンシング競技に2名が選出される!

お知らせ |2021年04月28日

 2021年4月25日、日本フェンシング協会が「東京五輪の日本代表候補選手」を発表し、本大学から辻すみれ選手(法学部4年生)及び卒業生の田村紀佳選手(2013年度経営学部卒)の2名が選出されました。

 朝日大学からは2012年のロンドン五輪に出場した中山セイラさん(2005年度経営学部卒)が初めての五輪選手となって以来、今回の東京五輪で第2号、第3号の五輪選手誕生となります。

 辻すみれ選手は、これまで日本代表チームの一員として活躍し、フルーレ種目の団体戦リザーブメンバーとして選ばれました。

 田村選手は、数々のワールドカップで活躍し、サーブル種目の世界ランキング29位により個人戦と団体戦の出場を決めました。 2選手の大舞台での活躍が期待されます。ご声援よろしくお願いいたします。