News & Topics

カンガルー杯2021の運営をサポート

お知らせ |2021年05月13日

 例年、国際女子オープンテニス大会として開催されてきたカンガルーカップ(特別協賛:西濃運輸株式会社、公益財団法人田口福寿会)が、今年度はコロナ禍の影響を受けて、(公財)日本テニス協会公認の国内大会として、5月3日~9日まで岐阜メモリアルセンター・長良川テニスプラザにおいて開催された。

 本大会は東京オリンピックの感染対策検証大会に指定され、選手・スタッフ・関係者全員のPCR検査等を義務付けられるなど厳正な規制が敷かれた。

 本学体育会硬式庭球部の大森俊和監督が大会進行運営を担当、そして同部部員がボーラー、会場管理・消毒担当を行うなど、大会運営をサポートした。

 最終日の表彰式では、亀谷みゆき教授(経営学科・英語)が司会を担当し、無事に大会を終えた。

 なお、大会の様子はYouTubeにアップされている。

 カンガルーカップ2021 – YouTube