News & Topics

わかあゆ学園の子どもたちからお礼の手紙をいただきました!

お知らせ |2022年05月09日

 大野町にある児童自立支援施設「岐阜県立わかあゆ学園」において、4月17日(日)、法学部刑事法ゼミに所属する「朝日大学BBS会」メンバー8名が、関市の「やまへい農場」等のご協力をいただき、いちご狩りやクレープ作り体験を通して、子どもたちと交流しました。

 「やまへい農場」所有の移動車での「いちご狩り」は参加者全員が初体験でしたが、子どもたちは笑顔が絶えず、交流会のおわりには学生たちに、感謝の気持ちを伝えていただきました。さらにこの度、「一緒にクレープ作りやボール遊びができて楽しかった。また、来てください。」等のお手紙が届き、手にした学生も喜んでもらえてよかったとほっとした様子でした。

 これまでも、「朝日大学BBS会」は、クリスマスには子どもたちにプレゼントを届けたり、夏には流しそうめん大会を実施するなどの、交流を続けてきました。施設に入所しても、社会との関係を断絶することは、社会に戻ってからの不安に繋がる可能性もあるので、今後も積極的に活動を展開する予定です。 法学部における刑事法科目等の講義で得た知識をフィールドワークとして実践することが、朝日大学法学部の教育の特色のひとつであり、学生たちの成長も感じた一日でした。
※BBSとはBig Brothers and Sisters Movementの略です。

いちご狩りがはじまります