News & Topics

濃飛倉庫運輸株式会社と朝日大学との第8回産学連携協議会を開催しました!

お知らせ |2022年06月16日

 濃飛倉庫運輸株式会社と朝日大学は、相互に持てる社会的能力を十分に発揮し、共通の事業目的である幅広い地域社会への貢献に向けて連携活動を継続することを企図して2013年9月に産学連携活動に関する合意覚書を締結してから9年目を迎えました。
 このたび2022年6月2日(木)に、2021年度における産学連携活動の実施結果報告と2022年度の更なる連携活動の継続及び発展を目指し、第8回産学連携協議会を開催し、連携事業に係る両者関係者による意見交換を行いました。
 本件協議会においては、先ず本大学を代表し大友克之学長から挨拶、次いで濃飛倉庫運輸株式会社を代表して尾関圭司代表取締役社長からご挨拶をいただいた後、①経営学部における特殊講義Ⅰ(国際流通、通関実務)の授業の実施状況、②新型コロナウィルス感染症拡大による学生海外短期研修中止の報告、③大学院経営学研究科との共同研究プロジェクトの進捗状況などに関する担当者からの報告、④新型コロナウイルスワクチン職域接種に関する報告に続いて、⑤本件連携協議会の定期開催も含めて2022年度においてもこれらを継続実施する旨、また、共同研究プログラムにおいては、2022年度は越境電子商取引と国際/地域物流の運用にシフトすることで合意しました。
 そして、2013年の合意から始まった「朝日大学と濃飛倉庫運輸株式会社との産学連携活動に関する合意覚書」が幅広い連携に育ってきた現状を踏まえ、新たな枠組みで協定化することで合意し、この具体的な取り組みとして「寄附講座」及び「長期インターンシップ」の実施に向けて準備を進めることで合意しました。
 本件協議会の閉会に際し、大友学長から、10年後20年後の岐阜が活力ある地域社会であるよう連携協力活動によるイベントや研修、フィールドワークの実施など、周囲を巻き込む取り組みを検討し、「持続可能な地域社会に向けた取り組み」を推進していきたい旨、提言がありました。

今回の参加者及び協議事項等は、次のとおりです。
 
<第8回産学連携協議会>
1.出席者
○濃飛倉庫運輸株式会社関係者(8名)
 代表取締役社長                 尾関 圭司 様
 代表取締役専務                 大島 義信 様
 常務取締役(名古屋主管支店長)         田島 和久 様
 執行役員(人事部長)              堀  文則 様
 AEO管理室長 兼 朝日大学客員教授      田村 謙一 様
 総務部長                    栗本  渉 様
 営業開発本部営業企画課長            河合 秀規 様
 情報システム開発本部システム開発部課長代理   伏見  諭 様
○朝日大学関係者(8名)
 学長                      大友 克之
 事務局長                    田中  聡
 経営学部長                   小畠 信史
 経営学研究科教授                奥山  徹
 経営学部教授・産業情報研究所長・情報教育研究センター長  矢守 恭子
 学事第二部長                  野村 成光
 総務課課長補佐                 菱田 亮平
 学事二課係長                  川上 健一
2.主な内容
(1)特殊講義Ⅰ(国際流通、通関実務)に関する報告
(2)海外短期研修に関する報告
(3)共同研究プログラムに関する報告
(4)新型コロナウイルスワクチン職域接種に関する報告
(5)特殊講義Ⅰ(国際流通、通関実務)の継続について
(6)共同研究プログラムの継続について
(7)「朝日大学と濃飛倉庫運輸株式会社との産学連携活動に関する合意覚書」の改定について
(8)「寄附講座」及び「長期インターンシップ」の実施について
(9)産学連携協議会の定例開催について
(10)相互質問及び意見交換

朝日大学からの代表挨拶
(大友克之学長)
濃飛倉庫運輸株式会社からの代表挨拶
(代表取締役社長 尾関圭司様)
特殊講義Ⅰ(国際流通、通関実務)についての報告
(AEO管理室長 兼 朝日大学客員教授 田村謙一様)
共同研究プログラムについての報告
(矢守恭子教授)
新型コロナウイルスワクチン職域接種についての報告(菱田亮平課長補佐)