News & Topics

第2回保健医療学部健康スポーツ科学科 学生短期海外研修(ハワイ大学マノア校)を開催!!

国際交流 |2022年09月19日

 2018年4月に締結した本大学とハワイ大学マノア校教育学部との学術交流に関する覚書に基づき、Department of Kinesiology and Rehabilitation Science(以下、KRS)のプログラムを基盤として9月3日(土)~12日(火)までの8泊10日間の日程で、第2回短期海外研修が行われました。本研修には、事前に選考された6名の学生が参加しました。

 これまでKRSでは多くの日本の大学を受け入れていますが、そのほとんどがトレーナー研修に特化したプログラムで行われています。本大学においては日本の大学で初めての試みとなる、トレーナー研修を目的としてではなく、KRSの学生として一週間の授業を体験するユニークな研修プログラムが行われました。

 初日のオープニング・セレモニー時には、宮田理事長、大友学長にも見学いただき、学生は英語で簡単な自己紹介及び記念撮影を行いました。

 2日目以降は、講義と実技の見学と体験、ハワイアン教育を実践する小学校訪問、空き時間にエキストラでNCAAトップレベルの体育会運動部見学など、アメリカもしくはハワイにおける大学教育の特徴及びスポーツアクティビティの位置づけと魅力を網羅したプログラムが提供され、非常に充実した内容でした。

 また、今回のプログラムは、前回とは違い、KRSだけでなくUH Athletics Department(大学体育局)の大きな協力を頂き、トレーナーやコーチなどアスリートに関わる仕事の職員とのQ&Aセッションも組まれ、各自質問を英語で考え、悪戦苦闘しながら話が通じてとても感動し意欲的になりました。そして、KRS学生や教員、Athletic Department職員とのランチョン交流会が開かれ、積極的に英語でコミュニケーションがとれるようになりました。

 さらに、大庭准教授の特別プログラムにより、研修期間には、ホノルルを一望できるタンタラスの丘、ダイヤモンドヘッド・ワイキキ海岸探索、アラモアナ探索を行い、アメリカ、そしてハワイの環境や人々の暮らし、文化を知ることができました。そして、ハワイ大学と南カリフォルニア大学強豪校同士の女子バレーボールの対戦の観戦大いに盛り上がりました。

 最終日は、宿泊先のリンカーンホール・ロービーにて修了証の授与式が行われ、先生へ感謝の気持ちを述べました。

 本大学は、建学の精神に立脚し、今後さらにハワイ大学と本大学との研究交流を深めていきます。