News & Topics

本学卒業生の渡部茂教授がイグ・ノーベル賞を受賞

歯学部歯学科 |2019年09月13日

人々を笑わせ、考えさせる独創的な研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が、9月12日アメリカ・ハーバード大学で行われ、本学歯学部1期生で明海大学保健医療学部の渡部茂教授らの研究グループが化学賞を受賞しました。日本の研究者の受賞は13年連続となります。
渡部教授らは、自らの子供3人を含む5歳児の唾液の量を地道に量り、1日当たりの総唾液分泌量が500mlに上ることを、数年がかりの研究で突き止めました。
授賞式には、渡部教授と3人のご子息が揃って登壇。渡部教授が「どうやって唾液の量を測定したか、お見せしましょう」と語り、3人が一斉に唾液を紙コップに吐くと、会場は笑いに包まれました。

授賞式の様子はYouTubeでご覧いただけます。(1:17:10頃から)
「The 29th Annual Ig Nobel Prize Ceremony(2019)」