News & Topics

第12回岐阜県弁護士会ジュニア・ロースクールを開催!!

法学部 |2021年08月11日

 2021年8月4日(水)、朝日大学穂積キャンパス6号館において、中学生を対象とした「ジュニア・ロースクール」(岐阜県弁護士会、朝日大学、岐阜法教育研究会 主催)が開講され、岐阜県内からの中学生124名が刑事裁判の仕組みなどを学んだ。
 はじめに朝日大学法学部長杉島正秋教授からあいさつの後、今回のロースクール講師を務める岩本恵弁護士から刑事裁判の仕組みや刑事訴訟の原則、用語解説などの講義が行われた。
 例年は参加者を代表して9名の中学生が裁判官、検察官、弁護人それぞれの役割のシナリオを朗読する形で模擬裁判を体験していたが、今回は新型コロナウイルスまん延防止の観点から、岐阜県弁護士会と朝日大学との連携により強盗傷害事件についての架空のシナリオをもとに事前に制作した模擬裁判の映像を視聴することで模擬裁判を体験し、中学生らは本物の裁判さながらに繰り広げられる裁判劇に真剣な表情で見入っていた。
 続いて、参加者各自で有罪にすべきとの判断に傾く事情と無罪にすべきとの判断に傾く事情それぞれ考えた後、18グループの評議体に分かれ、提出された証拠から争点の整理、各証拠の検討、考慮すべき事情を検討しながら評議を行い、有罪か無罪かについての判断とその理由について結論をまとめた。
 閉講式では、岐阜県弁護士会小島浩一会長から代表者に受講証書の交付が行われた。また、終了後、参加者全員にコーディネーター役の弁護士から受講証書が全員に授与され、さらに希望者には6号館7階の模擬法廷教室の施設見学を行い、参加者らは記念写真をするなど法廷の雰囲気を味わった。