News & Topics

看護学科4年次生「統合実習発表会」開催される

保健医療学部 看護学科 |2022年06月21日

 6月17日(金)、本学6号館講義室及び実習室において、看護学科4年次生「統合実習発表会」が開催されました。

 「統合実習」は、4年間の看護学実習の集大成であり、3年次生までの臨地実習で修得した知識・技術・態度を統合し、医療チームの一員としての役割遂行を目指した看護実践能力を高めることを目的に、実務に近い体制で行われる実習です。

 発表会では、グループごとに実習での学びを紹介し、報告・連絡・相談といったコミュニケーションがチームで看護を実践していくうえでは重要である、チームで行動するためには、病棟全体の動きを把握しつつ、患者さん一人ひとりを尊重しながら優先順位を考えることが必要である等、多くの学びが発表されました。さらに、自分自身の行動、看護に責任をもつことが重要であり、そのためにも基礎的能力をしっかり身につけなければならないとの意見もあり、今後の学修への決意も述べられ、4年間最後の看護学実習にふさわしい、多くの学びが共有された発表会となりました。