News & Topics

看護学科1年次生「建学の精神と社会生活~看護活動の実際(臨床看護師の体験から学ぶ)~」開催される

保健医療学部 看護学科 |2021年05月06日

 2021年4月23日(金)、本学6号館6201講義室において、「看護活動の実際(臨床看護師の体験から学ぶ)」講演会を開催しました。

 この講演会は、看護学科1年次生必修科目「建学の精神と社会生活」の1コマで、臨床現場で活躍する看護師の体験談等を通し、将来の看護専門職人としての目標を定めることを目的としています。

 講師には、朝日大学病院から田垣春美副病院長兼看護部長、足立知里看護師(2019年度本学卒業生)、また、本年4月に着任した川越舞子助手(2017年度本学卒業生)の3名をお迎えしました。

 各講師から、看護師として大切なことは信頼されること、正しい知識を身に付けること、多職種との連携をとること等経験を交えお話しいただき、学生は真剣なまなざしで聴講し、メモを取っていました。当日は、1年次生だけではなく、2年次生及び4年次生の出席もあり、臨床現場での声から多くを学び、目指す看護師像について考える良い機会となりました。